アメリカ人に緑を買うように促す

ワシントン (AP) — ジョー・バイデン大統領は、気候変動と戦うために数千億ドルを提供するよう議会の民主党員を説得しました。 それは、数百万台の電気自動車、ヒート ポンプ、ソーラー パネル、およびより効率的な電化製品を購入するようアメリカ人を引き付けることです。

2030年までに温室効果ガス排出量を半分に削減するというバイデンの野心的な目標を国が達成するかどうかを決定するのは、広報活動の課題です.

税額控除とリベートに依存することで、気候変動法案は、8月に民主党の投票のみで承認された.

しかしそれはまた、地球温暖化に対する政府の戦いが「一度に一世帯ずつ」行われることを意味すると、ホワイトハウスと緊密に連携しているリベラルなシンクタンクであるセンター・フォー・アメリカン・プログレスでエネルギー問題に取り組んでいるシャノン・ベイカー=ブランステッターは述べた。

「それは非常に漸進的です。そのため、非常に洗練されたコミュニケーション戦略が必要です。」

バイデン氏は、最近の閣僚会議で、今年利用可能になるインセンティブについて話し、そのハードルを認めました。

「人々は、私たちが通過したこれらの利点を利用する方法を知る必要があります。そのメッセージを明確に伝えるために、ここにいる私たち全員に責任があります」と彼は言いました。

ホワイトハウスは、州政府、請負業者、小売業者、ソーシャルメディアのインフルエンサーと提携して情報を広める計画を​​まとめている. クリーン エネルギー問題に関する上級政策アドバイザーのジョシュ ペック氏は、「公共料金の引き下げが重要な原動力になるでしょう」と述べています。

また、家庭や企業を電化する方法に焦点を当てた非営利団体である Rewiring America や、Airbnb、Redfin、Lyft などの企業とも協力しています。 この取り組みの一環として、Rewiring America は、郵便番号と収入に応じて、住宅所有者が対象となる可能性のあるクレジットまたはリベートを示すオンライン計算機を作成しました。

ヒート ポンプの購入やソーラー パネルの設置は、「主要な出費であり、節約の大きなチャンスです」と、グループの創設者兼 CEO である Ari Matusiak 氏は述べています。 「そのため、利用可能なリソースと、エネルギー料金の節約という点で解放できるメリットを人々が認識していることを確認することが非常に重要です。」

しかし、ホワイトハウスは困難な戦いに直面しています。

世論調査によると、アメリカ人は気候変動を遅らせるための行動を支持している一方で、排出量を削減するための財政的インセンティブを含む大規模な法律であるインフレ削減法について広く認識しておらず、気候危機における自分たちの役割に懐疑的です。

法律が署名されてから 1 か月後の 9 月に発表された AP-NORC の世論調査では、米国の成人の 61% が、この法律についてほとんどまたはまったく知らないと答えていることがわかりました。 また、気候変動対策への数十億ドルの投資にもかかわらず、それが気候変動に役立つと答えたのはわずか 3 分の 1 でした。 約半数が変わらないと答えた。

ホワイトハウスは、結果に動揺していないと述べている。 目標は、消費者がどの製品を購入するかについて重要な決定を下している瞬間に、エネルギー効率の高い製品の経済的利益を確実に知ることである、と Peck 氏は述べた。

「ここでの課題の 1 つは、消費者がこれらの購入について決定を下すときの状況に対応しようとすることです」と彼は言いました。

AP-NORC の世論調査によると、米国の成人の過半数は、今後 3 年間にソーラー パネルを設置したり、電気自動車を購入したりする可能性は低いと答えています。 そのうちの少なくとも半数は、金銭的なインセンティブが決定に影響を与えることはないと述べています。

住宅所有者は通常、絶対にお金を払わなければならないまで、炉や給湯器を交換することに消極的です.

コロラド州に住むエレファント エナジーの共同創業者である DR リチャードソン氏は次のように述べています。住宅所有者が電気ヒートポンプやその他の電化製品を設置するのを支援する会社. 「したがって、私たちの観点から、そして気候の観点から、これらの資産を交換する方法について人々に前もって考えさせることが最大の課題です。」

ほとんどの住宅所有者は、リベートや税額控除の対象となる設備を理解していません。請負業者でさえ、常に認識しているわけではありません、とリチャードソン氏は言います。 一部のヒート ポンプは全額リベートの対象となりますが、一部のヒート ポンプは対象とならないか、部分的リベートのみの対象となります。

「ですから、これらすべてを分析して理解するためにスプレッドシートを作成する作業に慣れていなければ、ただの悪夢です」と彼は言いました。

また、すべてのインセンティブが用意されているわけではありません。 人々は電気自動車、ソーラー パネル、またはヒート ポンプの費用について減税を受けることができますが、住宅のエネルギー効率を高めようとしている低中所得層のアメリカ人に対する還付はまだ利用できません。 エネルギー省は、そのお金を分配するシステムをまだ開発中です。

オバマ政権でホワイトハウス国内政策評議会のディレクターを務めるセシリア・ムニョス氏は、在職中に政府が政策の実施に投資することが重要であることを学んだ.

「私たち擁護者や政策立案者は、政策が制定されると拍手を送り、その後注意を払わなくなることがよくあります」と彼女は言いました. 代わりに、人々を直接ターゲットにして、「彼らが取ることができる措置と、政府がそれを容易にする方法を理解する」のを助ける方法を設計する必要があります.

エネルギー省は、住宅の耐候性やヒート ポンプの設置など、家庭用エネルギーのアップグレードを支援するための 90 億ドルの割り当てについて、州に情報を公開し始めました。

また、自称「車好き」のバイデン氏は、9 月のデトロイト自動車ショーやテレビ シリーズ「ジェイ レノのガレージ」に出演し、電気自動車の普及に尽力しています。

ニューヨーク州ブルックリンに本拠を置くブロックパワーの創設者兼 CEO である Donnel Baird 氏は、電力会社、政府機関、建物の所有者と提携してエネルギー効率を改善する企業であり、Lowe’s やその他の小売業者と協力して環境に配慮した電化製品を宣伝してきました。

ベアード氏によると、このアイデアは、「チェックアウト担当者は、『ガス芝刈り機を手に入れず、代わりに緑の芝刈り機を手に入れれば、税額控除を受けることができる』と言う」というものです。この結果を受けて、ベアード氏は、気候変動法の税額控除やその他の利点がよりよく知られるようになると確信していると語った.

「ACAが動き出すまでには何年もかかりました」と彼は、オバマケアとしても知られる医療費負担適正化法に言及して語った. 「この法律でも同じことが起こり得ると思います。」

バラク・オバマ大統領の元トップ・コミュニケーション・アドバイザーであるダン・ファイファーは、医療費負担適正化法に別の教訓を見出しています。

「ACAは、共和党が廃止しようとすればするほど人気が​​高まった」と彼は述べ、バイデン氏は共和党がインフレ抑制法に戻ろうとする努力を利用して、法の利点にもっと注目を集めることを示唆した.

「ホワイトハウスがこれらすべてを考えていたことは間違いありません」とファイファーは言いました。しかし問題は、どれも簡単ではないということです.

彼は次のように付け加えた。「作業の大部分は今から始まります。」

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *