エネルギー課 Granholm が CES ショーにクリーン エネルギーの福音をもたらす

ラスベガス (AP) — 米国エネルギー省が今年初の CES テック ショー (伝統的に消費者向けガジェットの毎年恒例のショーケース) に参加した理由を知りたい人は、その上司が彼女の主な使命と見なしているものを考慮するだけで十分です。

エネルギー長官のジェニファー・グランホルムは、あらゆるものに顔を出し、イノベーター、消費者、確立された産業が、よりクリーンで環境に優しい技術で米国経済を作り直すという昨年の画期的な法律から利益を得る無数の機会を探し出しました。 ジョー・バイデン大統領は、2035 年までに 100% クリーンな電力を、2050 年までに排出量を正味ゼロにするという目標を設定しました。グランホルムの仕事は、新しい産業パラダイムへの記念碑的な転換を先導することです。

Associated Press は、クリーン エネルギーへの移行を促進するために利用できる減税に関する彼女の情熱的な基調講演の前に、CES で Granholm に話を聞きました。 インタビューは、長さと明確さのために編集されています。

Q: エネルギー効率の高いツールの使用を増やすというバイデン政権の計画から始めましょう。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *