オレンジデポは、リフトタイムのサポーターJuanita Timberlakeの喪失を悼む

Juanita Timberlake の成人期のほとんどは、Orange Depot 駅にまでさかのぼることができます。

フアニータは、16 歳のときに故郷のナコドチェスを離れて専門学校に通い、17 歳でサザン パシフィック鉄道の電信係として働き始めました。

テキサス州東部の 7 つの町で働いた後、オレンジ デポの電信係兼チケット エージェントになりました。

車両基地で働いている間、フアニータはエコー オフィスでサザン パシフィック鉄道の電信係である夫のチャールズ ティンバーレイク シニアに会い、3 人の子供、マリー ヒルデン、パティ ウィリス、チャールズ ティンバーレイク ジュニアをそこで実際に育てました。

「子供の頃、特に学齢期になると、私たちは放課後、12 年生までずっとデポに来ました」とウィリスは言いました。 「幼い頃、私たちは待合室で宿題をしたり、遊んだりしていました。乗客が待っているとき、お母さんはとても厳しかったです。私たちは静かに座らなければなりませんでした。彼女の切符売り場は、彼女が私たちを見守ることを可能にしました。最後の旅客列車が走る5時30分頃に彼女を迎えに戻ってきました。」

ヒルデンは、フアニータも「基本的にこの駅で育った」と付け加えた。

フアニータの友人と家族は月曜日にオレンジ デポに集まり、デポで彼女と過ごした時間を思い出し、12 月 22 日に 95 歳で亡くなった彼女の人生を称えました。

「お母さんは、鉄道のことであなたの耳をそらすことができたでしょう」とウィリスは言った。 「彼女は自分の仕事が好きだった。」

関連:オレンジデポの友人が改修プロジェクトを開始

1975 年にオレンジ デポが閉鎖された後も、フアニータはサザン パシフィック鉄道で働き続けました。 フアニータは、他のスタッフと一緒に、ウェスト オレンジ トラック側線沿いのトレーラーで働き始めました。

しかし、2013 年にフレンズ オブ ザ オレンジ デポが結成され、デポの復元に取り組むと、フアニータはその取り組みに参加しました。

「2018年にグランドリニューアルオープンが行われたとき、フアニータは祝うためにオレンジに戻りました」とフアニータの追悼プログラムは述べています. 「デポが元の美しさに完全に復元されたのを見て、彼女は大きな喜びを感じました。」

改装により、デポでの時間から彼女の机が救われ、彼女の記憶に銘板が置かれました。

ビデオ「Stories from the Depot」で、Juanita 自身が Orange Depot での時間を詳しく説明し、仕事への愛を表現しました。

フアニータはビデオの中で、「チケットを売ったり、旅行の様子を説明したり、時間を教えたりするのがとても楽しかったです。 「わかりません。私は彼らに旅行のすべてを伝えたいという強い願望がありました。」

関連:オレンジデポの保存努力が無料の土地を手に入れる

サザン パシフィック鉄道で働いていたときに使用した列車とモールス符号に関するフアニータの知識は、オフィスにいる間だけ使用されたわけではありません。

2 つの異なる駅で働いている間、Juanita と彼女の夫は仕事中にお互いにモリス コード メッセージを送信して通信していました。

「彼らはちょっとした秘密のコードを知っていました。それはディナーがドットのようで、その後に 6 が続くというものでした」とチャールズ Jr. は言いました。 「彼女は別名「OD (Orange Depot)」と入力し、彼は「EK (Echo) 大丈夫です、私はここにいます」と答えるでしょう。 それから、彼が「D six」と入力すると、彼女は「はい」と答えることができましたが、「はい、はい、はい」と言う代わりに、略語として「SSS」と入力したので、そのように伝えました。」

チャールズ・ジュニアは、彼と彼の姉妹が若い頃、夕食のテーブルや家の周りで両親がお互いにメッセージをタップしていたと言いましたが、大学に入学してパイロットになるまで、両親が何をしていたかに気づきませんでした.モールス信号を自分で学ばなければなりませんでした。

このスキルは、この過去の感謝祭の間、Charles, Jr. にとって役に立ちました。 彼は、母親がソファで隣同士に座っているときに、指でメッセージをタップしているのを聞きました。

彼はメッセージを解読し、彼女がメッセージを送信したのと同じ方法で返信したと述べました。メッセージはたまたま彼女と彼の父親の秘密のコードに含まれていました.

「彼女は飛び跳ねて叫び、私の手を握った。私は『お母さん』のようだった。彼女はとても興奮していた」とチャールズ・ジュニアは語った。 「それは非常に、非常に特別で、ユニークなものでした。」

関連:改装のために設定された100年前のオレンジ鉄道デポ

列車への愛に加えて、Juanita は裁縫、お菓子作り、旅行も大好きでした。

「彼女が座ってミシンで私たちのために服を作っているときは、いつも快適でした」とヒルデンは言いました. 「それは私のお気に入りの(思い出の)一つです。」

花の代わりに、家族はオレンジ トレイン デポ ミュージアムへの寄付を求め、駅はフアニータに敬意を表して彫刻が施されたレンガを寄付する予定です。

courtney.pedersen@beaumontenterprise.com

twitter.com/courtpede

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *