コードとしての可観測性の成熟度の測定

可観測性は、可観測性をコードとしてプログラムおよび自動化できます。 成熟度モデルを使用して、コード実装としてのオブザーバビリティの採用を測定および改善できます。

Google のクラウド インフラストラクチャ エンジニアである Yury Niño Roa 氏は、2022 年 8 月の InfoQ live でプログラミングのオブザーバビリティについて講演しました。

Niño Roa 氏は、2019 年にオブザーバビリティ エコシステムの構成をコードとして扱い、インフラストラクチャを監視およびアラートするためのコードとしてインフラストラクチャを採用することを推奨した Thoughtworks に言及しました。

バージョン管理されたコードによる構成と、インフラストラクチャ CD パイプラインを介した API またはコマンドの実行をサポートするオブザーバビリティ製品を選択する動機となりました。

彼女は、オブザーバビリティをコードとして扱い、オブザーバビリティ ツールの構成を一貫性のある制御された方法で自動化する手法として扱うことを提案しました。具体的には、コードとしてのインフラストラクチャとコードとしての構成を使用します。

彼女のトーク Observability is Also Programmed: Observability as Code で、Niño Roa は Observability as Code Maturity Model を提示しました。これは、その採用をベンチマークおよび測定する方法として使用できます。

このモデルは、自分がどのレベルにあるかを知るための参考として使用できます。

このモデルは、高度化と採用という 2 つの軸で組織のステータスを判断する基準を提供します。 洗練度については、初級、単純、洗練、高度の 4 つの段階を使用し、採用については、影、投資中、採用中、文化的期待の 4 つのレベルがあります。

たとえば、コードとしての可観測性のための自動化ワークフローが実装されており、運用環境で実行されている場合、組織は高度な段階にあります。 自分がどの段階にいるかを特定し、各段階の基準を確認し、実装と成果について自問自答するという考え方です、と Niño Roa 氏は述べています。

InfoQ は、コードとしての可観測性について Yury Niño Roa にインタビューしました。

InfoQ: 可観測性をどのように定義しますか?

ユーリー・ニノ・ロア: オブザーバビリティは幅広い概念であり、その定義は業界と学界の間で物議を醸しています。 業界の一部のベンダーは、オブザーバビリティに特別な意味はないと主張し、テレメトリまたはモニタリングを区別せずに用語を使用しています。 この定義の支持者は、ソフトウェアがどのように動作するかを理解するための別の一般的な用語として使用する場合、可観測性を軽視していると思います。 モニタリングは、システムが生成するデータ (ログ、メトリック、トレース) に基づいてシステムの状態を予測できるため、可観測性の一部です。

InfoQ: 可観測性をコードとして行う必要があるのはなぜですか? どのようなメリットがありますか?

ニノ・ロア: 利点が完全に解放されていないと思うので、それは素晴らしい質問です。 それらのいくつかは次のとおりです。

  • モニタリング用のダッシュボードのプロビジョニングに必要なカンバスを削減します。
  • 構成ダッシュボード、アラート、および SLO で必要な、反復可能、複製可能、および再利用可能な構成を持つ。
  • コードとしてのインフラストラクチャを使用してコンテキストを文書化および生成し、監視プラットフォームを構成します。
  • 通常、チームは可観測性のためにコードをリポジトリに保存するため、変更履歴の監査が容易になります。
  • コードとしての可観測性により、継続的な統合と展開を使用しながら、より厳密な制御を行うことができるため、セキュリティを提供します。

InfoQ: コードとしての可観測性の課題は何ですか?

ニノ・ロア: コードとしてのインフラストラクチャやコードとしての構成など、他のプラクティスの課題に沿っていると思います。 具体的には、

  • エンジニアリング チームの実際の採用に到達し、可能な限り自動化を活用して、環境全体で可観測性の提供を加速します。
  • 明確な KPI を定義して、組織におけるコードとしての可観測性の成熟度の影響を測定します。
  • 新しいオブザーバビリティ アズ コード機能を実装する前に、現在の状態を確立して伝達する。
  • ドキュメントの生成を自動的に自動化するには、機械学習や非構造化テキストの処理などの高度な技術が必要になるため、ドキュメントはどの分野でも大きな課題です。

InfoQ: コードとしての可観測性から始めるためのアドバイスは何ですか?

ニノ・ロア: 私の最初のアドバイスは、Infrastructure as Code、特に Observability as Code について知っておくべきだということです。 その後、その実装のためのスポンサーを得ることは非常に重要です。 これについては、コード成熟度モデルとしてのオブザーバビリティの最初の段階で説明します。 これらの初期段階で、組織はオブザーバビリティをコードとして実装することを決定したため、メトリックの収集を開始し、実践にリソースを専念する実践者を正式に配置しました。

.

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *