スプレッドシートで SQL コードを自動生成 | マラ・ディープ

SQLを書かずにSQLコードを生成

Canvasapp を使用してスプレッドシートで SQL コードを自動生成します。
スプレッドシートで SQL コードを生成します。 著者による画像。

SQL は、データを扱うすべての人にとって非常になじみ深いものです。 SQL (Structured Query Language) 言語は不可欠なツールです。 データ サイエンスや分析の分野で働きたいのであれば、習得すべき最も重要な言語であることは間違いありません。

誰もが SQL クエリの作成を楽しんでいるわけではありません。 気に入ったら、いろんなところに使ってみたくなるかも。 ほとんどのデータ プロフェッショナルは Excel での作業を好むことがわかりました。そのため、Excel で SQL を利用する場合は、SQL Server にログインし、SQL データベースに移動して、SQL クエリを実行する必要があります。 少し時間がかかり面倒です。 物事を簡単にするために、まったく同じ問題に対処するのに役立つ優秀な頭脳を探し始めたところ、任意のスプレッドシートから SQL を生成し、組み込みの SQL エディターを使用してデータを操作できる Web アプリに出会いました。

これで、データの専門家としての生活を少し楽にしましょう。 Canvasapp を使用すると、SQL クエリを自動的に生成し、任意のソースからデータを表示できます。

世界クラスの分析を行う前に、データセットが必要です。 Kaggle.com のサンプル販売データを使用します。

データのロード

データをロードするには、ドラッグ アンド ドロップするだけです。

Canvas アプリ内のデータのスナップショット。 著者による画像。
Canvas アプリ内のデータのスナップショット。 著者による画像。

ここで、読み込まれたデータセットの SQL コードを確認したい場合は、ターミナルの右上のアイコン (赤丸) または command+shift+E キーボード ショートカット。 Canvasapp では、パフォーマンスを高速化するために、ほぼすべての SQL アクションがテーブル アクションに変換されることがわかりました。

ターミナル アイコン (赤い円) または SQL エディターのコマンド + シフト + E キーボード ショートカットを使用します。 著者による画像。
端末アイコン (赤丸) または command+shift+E SQL エディターのキーボード ショートカット。 著者による画像。

クリックすると、SQL コードを含むサイド プロンプトが表示されます。 最も簡単な方法で SQL をサポートするデータベース エンジンで実行できるクエリがあります。

スプレッドシートで使用中の SQL エディター。 著者による画像。
アクション中の SQL エディター。 著者による画像。
GIF by Giphy.com

ちょっと待って。 Canvasapp から SQL クエリを受け取るだけで完了できると思いますか? いいえ、私たちにできることはもっとたくさんあります。

Canvasapp は、現代の企業チームが SQL を使用せずに意思決定を行うのを支援する共同データ探索アプリケーションです。 これを使用して、チャート、ダッシュボードを作成し、スプレッドシートを自動化できます. ダッシュボードの簡単な例を次に示します。

クイック販売ダッシュボード。 著者による画像。
クイック販売ダッシュボード。 著者による画像。

SQL クエリの生成とは別に、ピボットの作成は、私が素晴らしいと思った次の機能です。 Excel でピボットを使用したことがある場合は、SQL でピボット テーブルをすばやく作成できます。

//SQL codewithsource1 as (
select columnA as ORDERNUMBER, columnB as QUANTITYORDERED, columnC as PRICEEACH, columnD as ORDERLINENUMBER, columnE as SALES, columnF as ORDERDATE, columnG as STATUS, columnH as QTR_ID, columnI as MONTH_ID, columnJ as YEAR_ID, columnK as PRODUCTLINE, columnL as MSRP, columnM as PRODUCTCODE, columnN as CUSTOMERNAME, columnO as PHONE, columnP as "ADDRESSLINE1", columnQ as "ADDRESSLINE2", columnR as CITY, columnS as STATE, columnT as POSTALCODE, columnU as COUNTRY, columnV as TERRITORY, columnW as CONTACTLASTNAME, columnX as CONTACTFIRSTNAME, columnY as DEALSIZE from
(values
('10107', '30', '95.7', '2', '2871', '2/24/03', 'Shipped', '1', '2', '2003', 'Motorcycles', '95', 'S10_1678', 'Land of Toys Inc.', '2125557818', '897 Long Airport Avenue', '', 'NYC', 'NY', '10022', 'USA', 'NA', 'Yu', 'Kwai', 'Small'),

-------------(more data but hidden for shake of medium limit)-------

('10208', '24', '100', '9', '2622.48', '1/2/04', 'Shipped', '1', '1', '2004', 'Vintage Cars', '136', 'S18_3140', 'Saveley & Henriot, Co.', '78.32.5555', '2, rue du Commerce', '', 'Lyon', '', '69004', 'France', 'EMEA', 'Saveley', 'Mary', 'Small'),
('10221', '33', '100', '3', '4417.38', '2/18/04', 'Shipped', '1', '2', '2004', 'Vintage Cars', '136', 'S18_3140', 'Petit Auto', '(02) 5554 67', 'Rue Joseph-Bens 532', '', 'Bruxelles', '', 'B-1180', 'Belgium', 'EMEA', 'Dewey', 'Catherine', 'Medium')
) as tbl (columnA, columnB, columnC, columnD, columnE, columnF, columnG, columnH, columnI, columnJ, columnK, columnL, columnM, columnN, columnO, columnP, columnQ, columnR, columnS, columnT, columnU, columnV, columnW, columnX, columnY)
limit 1000
)

select distinct
PRODUCTLINE as "Production",
count(distinct SALES) as "Sales"
from source1
group by 1
order by "PRODUCTLINE" nulls first
limit 500

出力:

スプレッドシート Excel SQL のピボット テーブル。 著者による画像。
ピボット テーブルの例。 著者による画像。

Canvasapp の Pivot ドラッグ アンド ドロップ機能 (またはキーボード ショートカット Command+Shift+P)。

ピボットを作成するためのドラッグ アンド ドロップ オプション。 著者による画像。 キャンバス アプリ。
ピボットを作成するためのドラッグ アンド ドロップ オプション。 著者による画像。

👀 気になる方はこちらの動画をどうぞ 見る それよりも 読んだ.

スプレッドシートから SQL を自動生成する動作デモ。 作者による動画。

ブラウザーを介して任意のアプリに接続し、スプレッドシート機能を利用してレポートを自動化し、チームと洞察を共有し、SQL コードを暗黙的に生成できることを忘れないでください。

試してみて、SQL とスプレッドシートを連携させる方法を教えてください。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *