ニュースルーム | インディアナ州立大学

今日、インディアナ州立大学は、ALL IN Campus Democracy Challenge (ALL IN) によって、2022 ALL IN 大学生投票で最も関与しているキャンパスの中で認められました。

ALL IN Most Engaged Campus for College Student Voting は、学生の有権者の参加を増やすために意図的な努力をしている大学を表彰します。 ISU は、2022 年の選挙で無党派の民主的関与を高める取り組みが認められた 394 の大学のグループに加わります。

インディアナ州では、ISU がインディアナ大学ブルーミントン、インディアナ大学サウス ベンド、インディアナ大学サウス イースト、IUPUI、パデュー大学と共に指定を受けました。

「インディアナ州立大学では、学生が私たちの民主主義の積極的かつ関与する参加者になるように準備することに取り組んでいます」と ISU 学長の Deborah J. Curtis 博士は述べています。 「私たちは州と国の次世代のリーダーを教育するという非常に重要な使命を果たし続けているため、この認識を誇りに思っています。」

ISU の指定は、学生の投票を擁護するキャンパスでの努力、特に学生の投票率の向上の結果です。 学生有権者登録、有権者教育、および有権者投票の機会を一元化するために、キャンパス全体のワーキング グループが召集されました。 大学は、学生の投票率を測定するために、学習、投票、関与に関する全国調査 (NSLVE) に参加し、データ駆動型の行動計画を作成して実施しました。 この行動計画と NSLVE の結果は、ALL IN Campus Democracy Challenge と共有されました。

「この指定は、ISU アメリカン デモクラシー プロジェクトと、SGA、政治学科、ユニバーシティ カレッジ、キャンパス ライフ、および ISU の卒業という目標に深くコミットしている多くのキャンパス パートナーを含む多数のキャンパス パートナーの長年にわたる優れた取り組みを反映しています。大学との関わりを担当する副学長のナンシー・ロジャーズ博士は次のように述べています。 「地方、州、国政選挙のたびに、若者は大きな危機に瀕しています。 ISU では、学生が民主主義の未来に影響を与えるために自分のエージェンシーを認識し、使用できるように毎日取り組んでいます。」

この作業は、ISU の Center for Community Engagement が管理する American Democracy Project (ADP の STATE) を通じて学生によって推進されています。 彼らの最初の焦点は、学生が締め切り前に投票するように登録することでした。 締め切りが過ぎると、彼らは選挙の投票率を上げることに焦点を移しました。 ADP は年間を通じて、学生が重要な政治問題について学び、民主的なプロセスへの参加がそれらの問題にどのように影響するかを考えるのに役立つプログラムを提供しています。

エミリー・ハーツラー学長は次のように述べています。 「生徒の声は重要であり、聞くに値します。 このミッションが成功したことを嬉しく思います。 投票することを約束することは、より多くの情報に通じ、市民として参加する市民になるための第一歩です。」

ADP 副大統領の STATE である Jazmin Cornejo 氏は、次のように述べています。 なぜ投票する必要があるのか​​ を理解するためにテーブルに近づいた学生の質問に答えたり、彼らの単一の投票がどのように違いを生むかを理解したりすることでした. 学生が投票の重要性を発見し、投票が将来に影響を与えることを理解するための最初の一歩を踏み出すのに役立つ素晴らしい機会でした。」

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *