大学のクラブは過大評価される可能性がありますか?

大学のクラブは、キャンパス内で志を同じくする人々と出会い、いくつかの課外活動を行うのに最適な場所であると自称しています。 募集、クラブ活動、そして「私たちはクラブ以上のものであり、私たちは家族です」ということ全体がバラ色の4年間の在職期間を約束する一方で、大学のクラブには多くの落とし穴があります.

まず第一に、これらのクラブが祀る「家族」文化全体に関しては、目に見える以上のものがあります。 ほとんどの大学のクラブには縁故主義、偏見、敵意が存在します。 さらに、会員の過剰供給と会員が経験する熾烈な競争は、クラブが最初に達成しようと試みた会員間の共同体意識を最終的に破壊する可能性があります。

すべての最新ニュースについては、デイリー スターの Google ニュース チャンネルをフォローしてください。

ほとんどの大学のクラブは、メンバーになるためにかなりの時間を費やす必要があります。 クラブでは通常、年間を通じてイベントや活動が行われているため、会員の積極的な参加が期待されます。 これらのコミットメントは、授業、仕事、その他の責任ですでに限界に達している学生にとって大きな負担になる可能性があります。 クラブの会計やその他の担当者は、会員がクラブの外で生活できることを忘れがちで、試験シーズン中に「クラブの仕事」をするよう容赦なく厳しく要求します。

さらに、一部のクラブは排他的で陳腐な場合があり、新会員が歓迎されていると感じるのが難しくなっています。 一部のクラブは、部室での正式な服装規定を義務付けるまで、不合理な要件を強制することで有名です. さらに、これらのクラブの多くは、メンバー間にオーウェル式のヒエラルキーがあり、上層部に質問することは非常に推奨されていません。

大学のクラブに参加することは、学生にネットワーキングと社交の機会を提供します。 平均的なクラブファンが、あらゆるソーシャル メディア プラットフォームでさまざまな人にリクエストを送信し、ネットワークを広げるために追加する人の数を 2 倍にしようとすることは珍しくありません。 ただし、これらが実りある雇用機会に発展することはめったにありません。 クラブがあなたに何を信じさせているとしても、クラブでの経験は仕事の経験と同じではありません。 クラブでの経験は、ネットワーキングとスキルを通じて卒業後の雇用を獲得するための出発点として使用できますが、搾取と当然の仕事の間には微妙な境界線があります。

さらに、クラブ活動やイベントに参加することで学んだスキルの多くは単純なものであり、企業環境では使用できない場合があります。 募集の際、クラブは、入会希望者がライティングから Web 開発、構造化照会言語 (SQL) まで学ぶことができる一連のスキルを発表します。 しかし、クラブはこれらのスキルを会員に教えるのではなく、既存の基本的なスキルを持っている会員に注意をそらし、他の人を置き去りにして、初歩的なコピーとキャプションの書き方を教えています。

大学のクラブは、学生が形成期に参加し、自分が誰であるかを探求するための優れた方法です. しかし、これらの組織は、その利点を誇張し、抱えている数多くの問題を強調することがあります。 クラブに入学することを選択するときは、大学でのすべての経験を決定するべきではないことを覚えておくことが不可欠であり、これらのクラブを超えて個人としての自分自身を発見することが重要です.

Taaseen Mohammed Islamic は、基本的な数学を行うことができるという犠牲を払って、ある程度まともに書くことができることが判明しました。 taaseen.2001@gmail.com にポインタを送ってください。

.

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *