安全な Web 開発のベスト プラクティス

さまざまな目的のためのツールの数が増えるにつれて、私たちはこれまで以上にモバイル アプリケーションや Web アプリケーションに依存しています。 これらのアプリケーションに関連する潜在的なセキュリティ リスクについて考えてみましょう。そのため、Web 開発者は Web 開発を保護する方法を必要としています。

ほとんどのハッカーは、Web アプリケーションをさまざまな攻撃の対象としていますが、その理由は単純です。 これらのアプリケーションのユーザーは非常に多いため、アプリケーションに保存されている機密情報の量は膨大です。

ユーザーの個人データは、サイバー犯罪者にとって非常に価値のあるものです。サイバー犯罪者はデータを販売したり、身代金を要求してアクセス権を返還したりできるからです。 この記事では、これらのツールのサイバーセキュリティを改善するために HTML の専門知識がどのように必要であるかについて説明し、それに合わせていくつかのベスト プラクティスを追加します。

サイバーセキュリティと HTML

サイバーセキュリティに関して言えば、コーディングスキルは必須です。 現在、SQL インジェクションなどの攻撃は HTML を介して行われています。 攻撃者は、攻撃のために悪意のあるコードを挿入するために HTML の専門知識を必要とします。 そのため、Web ページを保護する際に HTML が重要になります。

明確にするために、HTML はプログラミング言語ではありませんが、Web サイトの作成と表示に使用される言語です。 Web 開発者とその Web ページを標的とする攻撃のほとんどは HTML を介して行われるため、サイバーセキュリティの専門家や Web 開発者にとって HTML は間違いなく必須です。

サイバーセキュリティと HTML を組み合わせることで、Web 開発の旅がより安全になり、HTML インジェクションなどの攻撃に備えることができます。 これらの攻撃は、Web サイトとそのユーザーの個人データを直接標的にしていることを覚えておくことが重要です。 したがって、安全な Web 開発が優先され、この言語は悪意のあるユーザーから保護するために必須です。

Web 開発セキュリティのベスト プラクティス

Web 開発のセキュリティは、すべての Web 開発者とそのチームにとって重要なプロセスです。 Web サイトの機能と美学に焦点を当てることに加えて、サイバーセキュリティを最優先事項として考慮することが重要です。

人々は毎日さまざまな Web アプリケーションを使用しており、これらのアプリケーションに何らかの方法で常に個人情報を提供しています。 場合によっては、ユーザー名から財務情報まで。 したがって、以下のヒントを使用してウェブサイトを保護することは、ブランドの評判を高く保つだけでなく、法的な問題から身を守るための優れたアイデアです.

1-) ユーザー情報を暗号化する

暗号化は、何年にもわたって証明されてきた、よく知られたセキュリティ プラクティスです。 簡単に言えば、情報の一部を暗号化するということは、データを平文で保存するのではなく、パズルに変えることを意味します。 このパズルは、許可された担当者が保持する特別なキーによってのみ解決できます。

ユーザー情報を暗号化して保存することで、ハッカーが情報を入手しても読み取ることができないため、ハッカーから効果的に保護されます。 暗号化は SSL 証明書を介して取得でき、安全な Web 開発には必須です。

2-) 入力データの検証

検証されていない入力は、深刻な結果をもたらす可能性があるインジェクション攻撃の主な原因です。 前述のように、HTML および SQL インジェクション (こちらを参照) は Web サイトを標的とする一般的な攻撃タイプであり、それらを防ぐ優れた方法は、入力データを処理する前に検証することです。

インジェクション攻撃に対するこの保護プロセスにより、エンド ユーザーを標的とする悪意のあるスクリプトが存在する場合に、入力を確認して検証できます。 悪意のあるコンテンツやインジェクションによる不正な URL へのリダイレクトが発生する可能性があるため、ユーザー入力を自動処理しないでください。

3-) DNS フィルタリング

ドメイン ネーム システム (DNS) フィルタリングは、インターネット上の望ましくない悪意のあるコンテンツへのアクセスをブロックする高度な方法です。 この技術は、サイバー攻撃を実行するように設計されたさまざまな Web サイトからエンド ユーザーを保護します。 ユーザーがプライベート ネットワークに接続しているときにこの種のページにたまたまアクセスすると、機密情報がサイバー犯罪者に公開されます。

NordLayer によると、コンテンツベースのフィルタリングを使用してインターネット上の有害なコンテンツをブラックリストに登録することにより、DNS フィルタリングは SQL インジェクション、マルウェア、フィッシング攻撃などのほとんどのリスクを排除します。 これらの脅威は通常、Web サイトとその管理者を標的としているため、このテクノロジーを使用することは、ユーザーを保護するのに最適です。

4-) アクセス管理の実装

アクセス管理は、組織のアクセス レベルを制御して内部の脅威を軽減する機能を簡単に定義する広義の用語です。 機密情報は誰もが利用できるわけではないため、このプロセスにより、リソースは本質的によりサニタイズされ、安全になります。

Web アプリケーションの開発プロセスでは、すべてのユーザーは、なくてはならないツールとリソースに対する特権のみを持つ必要があります。 これは、アカウントの役割を管理することにより、内部データ侵害のリスクを最小限に抑え、攻撃ゾーンを制御するための一般的なアプローチとして、最小限の特権を使用する必要があることを意味します。

5-) コンテンツ セキュリティ ポリシー (CSP) を使用する

コンテンツ セキュリティ ポリシー (CSP) は、Web 管理者がどのソースからのコンテンツを Web サイトにロードすることを許可するかを選択できるようにするツールです、と Mozilla は述べています。 ブラウザーがページにロードできるリソースを制御することにより、Web サイトはインターネット上の悪意のあるコンテンツから保護されます。

CSP を使用すると、クロスサイト スクリプティングやインジェクション攻撃の可能性が大幅に減少し、許可されたソースのみがブラウザーによって使用されて Web サイトにリソースが読み込まれるようになります。

6-) 安全なセッション管理を使用する

人が Web サイトにアクセスするたびに、その人に指定されたセッションが作成されます。 ウェブサイトは、ユーザーの行動を追跡し、問い合わせに適切に対応するためにこれを行います. しかし、これが問題です。 他の誰かがその特定のセッションを手に入れ、ユーザーになりすまして、ユーザーの許可なしに活動を行うことができます。

そのため、Web アプリケーションでは、安全なセッション管理を使用してユーザーを保護することが重要です。 これを行う 1 つの方法は、「セッション トークン」を使用することです。 これは、ランダムに生成された長い文字列で、Web サイトのサーバーとクライアントのデバイスの両方に Cookie として保存されます。 Web サイトはセッション トークンをサーバーに保存されているものと照合して、実際のユーザーのみが使用できることを確認し、セッション トークンが傍受された場合でもなりすましを防止します。

結論

サイバーセキュリティと HTML の知識を組み合わせることで、Web サイトの所有者は、ユーザーのために安全なオンライン環境を作成し、Web サイトの完全性を確保できます。 HTML は Web ベースのアプリケーションで通信を管理するために使用されるため、Web 開発におけるサイバーセキュリティの不可欠な部分です。

上記で提案したプラクティスを採用することで、開発者は、最優先事項である Web サイトのセキュリティを簡単に管理できます。 ただし、Web サイトを可能な限り安全に保つために、最新のセキュリティ トレンドに関する最新情報を入手することも不可欠です。

最終更新: 2023 年 1 月 20 日

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *