就職面接のミスはキャリアを終わらせる可能性がある

ほとんどの仕事の面接は難しくありません。 しかし、プレッシャーがかかると、物事を必要以上に複雑にします。 これは、就職の面接で特に当てはまります。 原則として、多くの候補者は何度も何度も同じ過ちを犯します。 そして、これらの間違いはあなたのキャリアを台無しにしています。

覚えておいてください、採用マネージャーは面接官もやったことがあります. 彼らはあなたの立場を理解し、尊重します。 誰も完璧を期待していません。 結局のところ、私たちは皆人間です。

しかし、非常に多くの求職者が犯す間違いを避けることができれば、すぐに競争相手よりも優位に立つことができます。

間違い1:自信がない

面接官は、あなたが自分に自信を失っていることをすぐに認識します。 目を合わせていないのかもしれません。 あるいは、自分の資格に関する鋭い質問に対して弱い答えを出しているのかもしれません。 あなたが自分に自信がなければ、採用担当者も自信を持ちません。

笑顔で面接に臨みましょう。 できる限りアイコンタクトを取り、力強く直接的な答えを出してください。 これにより、最初から面接官に好印象を与えることができ、採用される可能性が大幅に高まります。

間違い 2: 服装がよくなかった

フルスーツは必ずしも必要ではありませんが、ドレスアップをまったく気にしない求職者を選ぶのは簡単です. ジーンズと TT シャツで面接に来るのは失礼です。 面接のためにドレスアップするのに多くの労力を必要としないため、これは避けるのが最も簡単な間違いの 1 つです。

服を着すぎたからといって、候補者を軽視した人は誰もいません。

雇用主の服装規定について調査します。 よくわからない場合は、よりフォーマルな服装を選択してください。 男性の場合、これには、明るい色のボタンダウン シャツの上に暗い色のツーピース スーツが含まれます。 ネクタイは必要ないかもしれませんが、役に立ちます。 それに合わせた靴下を履く。

女性の場合は、濃い色の膝丈のスカートまたはパンツスーツを着用してください。 ジュエリーは最小限にしてください。 つま先が覆われた靴が最適で、大きなハンドバッグを持ち歩くことはできるだけ避けてください。

間違い3:弱点について嘘をつく

採用担当者が面接でよく尋ねる質問は、「あなたの最大の弱点は何ですか?」です。 しかし、この質問には秘密があります。面接担当者は、あなたの短所は気にしないでしょう。 彼らはあなたの誠実さを判断するためにこの質問をしています.

この質問に答える最善の方法は、正直に答えることです。 質問に答えてから、問題を修正するために行っていることを回答に続けてください。

例: 「私は問題を考えすぎて、仕事に遅れをとってしまう傾向があります。これを解決するために、自分の課題についてより多くの質問をし、自分の直感に従うようにしています。これは多くの場合正しいものです。」

間違い 4: 履歴書で嘘をつく

履歴書のすべてが、面接中の質問に対する公正なゲームです。 履歴書にスキルを記載する場合は、それに関する質問に答える準備をしてください。

ソフトウェア製品やビジネス プロセスに触れたことがあるからといって、その専門知識があるとは限りません。 人事担当者や採用担当者の多くは、履歴書に記載されているスキルについて、そのスキルが直接仕事に当てはまらない場合でもランダムに質問します。 なんで? 弱点について尋ねるのと同じように、候補者の誠実さを判断しているからです。 履歴書で嘘をつくと、仕事で嘘をつく可能性が高くなります。

間違い 5: 電話を黙らせるのを忘れた

携帯電話の着信音やその他の種類の通知ほど、面接を中断するものはありません。 面接中に電話に出なかったとしても、避けるべき大きな危険信号です。損害はすでに発生しています。

面接中は電話を車に置いたままにしておくと、通知を受ける可能性がなくなります。 通知は面接を妨害します。 どうしても携帯電話を持ち歩かなければならない場合は、バイブレーションを含めて携帯電話を静かにすることを忘れないでください。

間違い 6: オーデコロンをつけすぎている

気を散らすといえば、オーデコロンや香水をつけすぎると、面接官の気を散らしてしまいます。 採用担当者があなたが廊下を降りてくる匂いを嗅ぐことができたら、それは行き過ぎです。

オーデコロンや香水をつけても構いませんが、つけすぎないようにしましょう。 代わりに、通常使用するものを着用してください。 面接官はあなたの裁量を高く評価します。

間違い7:時間通りに面接を受ける

待って、時間通りに面接に行くことを常に目指すべきではありませんか?

いいえ。面接には常に早めに行く必要があります。 早めに到着することで、環境を調査し、自分自身を収集し、面接の前に土壇場で準備を行うことができます. 面接室に息を切らしたり、遅刻を避けるために急いで乱れた状態で入ったりすることは、最も避けたいことです。

面接を急がないでください。 少なくとも15分早く到着することを目指してください。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *