新しい Ofcom 英国のブロードバンド ISP スイッチング システムが大幅な遅延に直面

昨年、Ofcom の 2023 年 4 月のローンチ期限が (こちら) であることを明らかにしました。 ワンタッチスイッチ (OTS)は、消費者が異なるネットワーク上のブロードバンド ISP 間で簡単に移行できるようにするもので、遅延のリスクが高かった. 最新の情報によると、いくつかの重要な側面は、2023 年後半までテストする準備さえできていないことが示唆されています。

まず、必須の要約です。 現在、少なくとも Openreach の国内ネットワークでは、ISP 間の切り替えは簡単で、大部分が自動化されています。 プロバイダー主導の獲得 (GPL) プロセス (つまり、新しい ISP に連絡するだけで、ボールを転がすことができます)。 しかし、これは、Cityfibre、Hyperoptic、Virgin Media など、物理的に分離されたネットワーク上のオペレーターには機能しません (英国のフル ファイバー ビルドの概要)。

ノート: 古い切り替えプロセスでは、変更に 10 営業日かかりましたが、これは主に SLAMMING (つまり、明示的な同意なしに切り替えられる) から保護するためでしたが、新しいシステムでは、これをわずか 1 日で行うことを目指しています。技術的に可能な場合」 (その実行可能性は疑わしいままです)。

これに対する Ofcom のソリューションは OTS プロセスでした。これは簡単に言えば、顧客のダウンタイムとコストを削減しながら、代替ネットワークを含むように GPL 移行を拡張することを目的としています。 しかし、これを複数のネットワーク プラットフォームで正しく行うことは、非常に複雑で技術的な課題です。 それにもかかわらず、2021 年に ISP は 2023 年 4 月 3 日 すべてを実装する必要があります (2020 年にさかのぼると、当初の期限は 2022 年 12 月であることが提案されていました)。

最大の ISP、特に Ofcom のオリジナルの移行システムをすでに採用している ISP は、この種のシステムのいくつかの側面にすでに精通しているため、多少は楽になるでしょう。 しかし、それ以外の多くのネットワーク、特に Ofcom からの通信が不十分であると不満を漏らすことが多い小規模なネットワークにとっては、それはむしろ火の洗礼となるでしょう。 それでも、これが適切に機能するためには、すべての ISP が協力する必要があります。

これに対応して、業界全体の ISP が ワンタッチスイッチングカンパニー (TOTSCo) をメンバーが所有する非営利団体として、関連するメッセージング プラットフォームの開発と運用に責任を負います。 しかし、これは 2022 年 6 月にセットアップされたにすぎず、非常に複雑なシステムの開発とテストにほとんど時間がかからず、多くのプロバイダーにとって事実上ゼロから始めることを意味していました (詳細については、昨年の記事を参照してください)。

TOTSCo が「Ofcom の 2023 年 4 月の期限に間に合わない「昨年、Ofcom に問い合わせたとき、彼らはまだ 2023 年 4 月の期限を維持していましたが、」[expected] すべてのプロバイダーと協力して、ローンチ時に完全に準備が整っていることを確認する

公平を期すために言うと、CommunityFibre、Vodafone、Zen Internet などの一部の ISP は、時間内に準備が整うことを示しています (完全に実行可能にするには、TOTSCo を介して関与する必要があるため、疑問があります)。 しかし、私たちが話をした他のプロバイダーのほとんどは、タイムラインに関して非常に悲観的であり、Ofcom の「コミュニケーション不足」 (一部の AltNet は、OTS が適用されていることさえ認識していませんでした)。

最新のアップデート

要約するだけです。 OTS Industry Process、および OTS の初期仕様 API TOTSCo のハブのメッセージング機能とのインターフェースに必要な (アプリケーション プログラミング インターフェース) は、2022 年 10 月に TOTSCo の Web サイトで公開されました (これにより、ユーザーは独自のシステムとプロセスの非常に早い段階での開発を開始できます)。 しかし、実際にこれらすべてを構築してからテストすることは、決して迅速でも簡単でもありませんでした。

良いニュースは、TOTSco がそれ以来大きな進歩を遂げていることです。 組織が非常に新しいという点では強力ですが、Ofcom の締め切りに実際に間に合うという点ではそうではありません。 このグループは、2022 年 12 月中旬にステークホルダー フォーラムを開催し、英国の通信業界全体から約 150 人の人物が参加しました。 その結果、および ISP からの回答により、現在の市場の状況をよりよく理解できるようになりました。

さて、悪いニュースです。 TOTSCo は ISPreview.co.uk に、OTS の明確な稼働日を示すのはまだ時期尚早であると通知しました。これは、ハブ自体が実際に利用可能になった後の開発とテストの進行状況によって異なります (まだ稼働していません)。 現在 “最良の見積もり「ユーザーが Hub 自体をいつ利用できるようになるかについて」テスト環境」は現在、間のある時点にあります 2023 年 8 月と 11 月 (議論が続くにつれて改訂される可能性があります)。 これは、このような複雑な市場でのテストにはおそらく数か月かかるため、完全な展開は 2024 年まで行われない可能性があることを示唆しています。

大手ブロードバンド ISP の 1 社が昨年末に語ったように、「4 月に準備ができていないということではなく、業界全体が準備ができていないということです。」 このいくぶん避けられない現実を考えると、今の大きな疑問は、Ofcom が何をするかということです。あめを使うか (つまり、辛抱強く実装を 1 年遅らせます)、それとも棒を使うか (つまり、準備が整うまで罰金や何らかの罰を課す) です。

規制当局に問い合わせており、その回答を待っています。 いずれにせよ、OTS が完全に実装されるまでには、さらに多くの時間が必要になるという事実を回避するには、どんなに希望的観測や罰を加えてもかまいません。 このような遅延はプロバイダーにも損害を与えます。なぜなら、新しい完全なファイバー ネットワークの構築は、移行プロセスがより速く、より単純で (少なくとも消費者にとっては)、より合理化されれば大幅に改善されるからです。


Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *