訴訟は、指導や就職の見通しについて生徒を誤解させたとして、営利目的のコーディング スクールを告発します。

金曜日に提出された訴訟では、サンフランシスコの営利目的のコーディング アカデミーとその創設者が元学生をだましてサインアップさせ、将来の収入の一部を支払うことに同意させ、トレーニングと就職率について誤った約束をしたと主張しています。借金がありますが、市場性のあるスキルはありません。

ブルーム工科大学(旧ラムダ・スクール)を相手取ってサンフランシスコ高等裁判所に提起された訴訟は、2 つの重要な点で、同社に対する非公開の仲裁で提起された以前の訴訟とは異なります。 同社のCEOであるAusten Allredが被告として指名されており、公の裁判所に提起された訴訟として、学生や投資家との同社の財政的合意にさらに光を当てる可能性があります.

元学生のエミリー・ブルーナーに代わって提出された訴状は、有名なテクノロジー企業での卒業後の就職率が高いことを宣伝したオールレッドのツイッターフィードによって彼女が入学するよう説得されたと主張している. 市場性のあるコーディング スキルを教えられる代わりに、その指導は標準以下であり、雇用主は、不十分なコーディング スキルを理由に、卒業後の Web 開発の仕事から彼女を拒否した、と訴訟は主張している。 提出書類はまた、会社は学校としてのライセンスをめぐって州の規制当局と争っている最中であり、そのため、ブルーナーが署名した契約の条件は法的強制力がないと述べた.

昨年、クロニクルに電子メールで送付された声明の中で、仲裁に持ち込まれた事件に関して、同社は2019年3月に州の規制当局から召喚状を受け取ったが、それに異議を唱え、罰金を支払い、最終的に運営の承認を得たと述べた.

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *