連邦準備制度、抗精神病薬の老人ホームでの乱用を調査

ワシントン (AP) — 連邦政府は、老人ホームでの抗精神病薬の乱用と患者の統合失調症の誤診を対象とした取り締まりを開始すると述べています。

メディケアおよびメディケイド サービス センターは、患者が精神障害と適切に診断されているかどうかを確認することを目的として、今月、厳選されたナーシング ホームの調査を開始しています。

エージェンシーによると、死亡を含む危険な副作用にもかかわらず、一部の施設が居住者を統合失調症と誤って診断したり、鎮静のために抗精神病薬を投与したりする証拠が数十年にわたって蓄積されてきた.

ザビエル・ベセラ保健福祉長官は水曜日の声明で、「ナーシングホームの居住者は、統合失調症と不適切に診断されたり、不適切な抗精神病薬を投与されたりしてはならない. 「今日私たちが取っている措置は、これらの過ちを防ぎ、家族に安心を与えるのに役立ちます。」

一部の施設は、非常にまれな疾患の徴候を示さない場合でも、居住者を統合失調症であるとコーディングすることにより、抗精神病薬の不当な使用に関する監視の強化を回避している可能性があることが、昨年の政府の報告で明らかになりました。 人口の 1% 未満が統合失調症を患っていると考えられています。

連邦政府は 2012 年に、老人ホームが入所者に抗精神病薬を使用する時期の追跡を開始しました。これは、公開データベースでの施設の質の評価に影響を与える可能性がありますが、統合失調症と診断されていない人に限られます。

連邦政府のデータによると、介護施設の居住者に対する抗精神病薬の使用率は、近年 20% 未満にまで低下しています。

しかし、監察官のHHSオフィスからの11月の報告によると、2015年から2019年の間に、対応する診断なしに統合失調症を患っていると報告された居住者の数が急増し、国内の99の介護施設では、居住者の20%以上が障害を持っています。

「サポートされていない統合失調症の診断の数は増加し、2019年には比較的少数の介護施設に集中していました」と報告書は結論付けています。

非営利の高齢者サービス プロバイダーの協会である LeadingAge の CEO である Katie Smith Sloan 氏によると、介護施設は入居者、特に認知症の入居者を治療するための別の方法に取り組んでおり、代替方法を使用するようにスタッフを訓練しています。

「2012 年にプログラムが開始されて以来、多くのことが達成されており、介護施設はその進歩に対して多くの称賛に値します」と彼女は声明で述べました。

CMSは、統合失調症と記録されている既存の居住者がいる老人ホームに焦点を当てて、今後数日で老人ホームに診断の文書化を求める対象を絞った監査を開始します。

CMS は水曜日に発表された声明の中で、居住者を統合失調症にかかっていると不正確にコーディングするパターンを持つ老人ホームの評価スコアはマイナスの影響を受けるだろうと述べ、施設に罰金を課すと脅迫するまでには至らなかった.

ミネソタ大学の研究者である Shekinah Fashaw-Walters 博士は、近年、黒人のナーシング ホーム患者と比較して統合失調症の診断が増加していることを発見したと述べています。

彼女は、CMS の監査がその人種的格差を狭めるのに役立つことを期待しており、CMS の計画については「そろそろ」であると述べています。

「今こそこれを実行し、質の高いケアを提供する責任を養護施設に持たせる時です」と彼女は言いました。

当局は、患者のケアに直接介入したり、誤ってコード化された、または抗精神病薬を投与された居住者の親戚に通知したりする計画はありません.

CMSは施設を監視して、問題が修正されていることを確認すると当局者は述べた。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *