2023 年の Swift 言語計画では、同時実行性とジェネリックが強調されています

クレジット: Dreamstime

Swift の 2023 年の計画は、11 月 18 日の Swift.org ブログ投稿で引用されました。新しく形成された言語ワーキング グループは、Sendable とアクターによって提供される厳密なデータ分離に対する Swift のサポートを完了するために、同時実行性の進歩を強調しています。

計画には、グローバル変数や特定のクロスアクター呼び出しに関するものなど、スレッド セーフ ホールを閉じることが含まれます。 この言語には、厳密な分離によって生じるユーザビリティの問題を解決するための機能が組み込まれている場合もあります。

ジェネリックについては、言語ワーキング グループは可変個引数ジェネリック言語機能に取り組む予定であり、最初はコア言語モデルの設計と、それをサポートするコンパイラおよびランタイム インフラストラクチャの実装に焦点を当てています。 初期のマイルストーンの 1 つは、タプル型が条件付きで Equatable などのプロトコルに準拠できるようにすることです。

その他の取り組みは所有権をカバーし、プログラマーがメモリ内の値の所有権を制御できるようにする機能の開発と、パフォーマンスを向上させるためのコピー不可能な型の基本的なサポートの追加を行います。 また、マクロは、豊富なライブラリと DSL の開発をさらに可能にするために注目されています。 言語ワークグループは、今後の Swift 6 言語モードで予想される言語リビジョンを最終決定することを計画しています。

C++ の相互運用性については、Swift から C++ を使用するための相互運用性機能の安定化が計画されています。これには、所有されている値の型、自明な値の型、および外部参照型や反復子などの API パターンが含まれます。 ビルダーは、Swift の値型、参照型、および関数が C++ に公開される方法も安定させます。

一方、コンパイラ開発チームは、ビルド システムとのコンパイラの相互作用の改善に取り組んでいます。 パッケージ レジストリの場合、パッケージ マネージャの開発では、コミュニティと協力してオープン ソースのパッケージ レジストリ サーバーの実装に取り​​組むことが強調されています。

.

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *