ASP.NET Core の一般的なアーキテクチャ

ASP.NET Core プロジェクト テンプレートは、新しい ASP.NET Core Web アプリケーションを作成します。 プロジェクト テンプレートは、Microsoft Asp.Net コアを使用します。 すべてのメタ パッケージには、次のアーキテクチャのサポートが含まれています。

ドメイン層

ドメイン層は、アプリケーションのドメイン クラスとサービスを定義する層です。 これは、アプリケーションのビジネス ロジックが存在する場所であり、データをどのように構造化して保存するかを定義します。 ドメイン層は、ビジネス ロジックが存在する場所です。 これには、すべてのビジネス オブジェクト、リポジトリ、およびそれらをアプリケーションの他の部分に公開するサービスが含まれています。 ドメイン層は、アプリケーションの最下層です。

Web サイトまたは Web サービスを実行するために必要なすべてのビジネス ロジックが含まれています。 ドメイン層は、アプリケーションを現実のものにするため、多くの場合、ASP.NET アプリケーションの最も重要な部分と見なされます。 ドメイン層は、ASP.NET スタックの最下層であり、アプリケーションの基盤となるすべての機能とサービスを担当します。 ドメイン レイヤーは、ファイル アクセスやデータベース管理などのサービスを提供するため、物理ハードウェア レイヤーに似ています。

アプリケーション層

アプリケーション層は、アプリケーションを構成するコードを記述する場所です。 これには、プレゼンテーションおよびデータ バインディング ロジックを含むインターフェイス (UI) コンポーネントが含まれます。 アプリケーション層には、ASP.NET Web ページや携帯電話アプリなどのクライアント要求を処理するためにバックグラウンドで実行されるサービス ベースのコードも含まれます。 アプリケーション層またはプレゼンテーション層は、ユーザー インターフェイスを設計および構築する場所です。 ここで、ユーザーがフォーム、データ入力ボックス、およびその他の対話形式を通じてサイトと対話する方法を決定します。

アプリケーション層は、非常に高度な方法で Web アプリケーションを構築および管理する役割を果たします。 これは、アプリケーションのユーザー インターフェイス コンポーネントで構成され、通常は HTML、CSS、JavaScript、および UI フレームワークを構成するその他のテクノロジを使用して記述されます。

インフラ層

インフラストラクチャ層は、アプリケーションの構築に使用される基本的なオブジェクトを定義します。 インフラストラクチャ層には、ファイルやデータベースなどのネットワーク リソースを操作するためのクラスを定義するコア .NET Framework アセンブリのセットが含まれています。 インフラストラクチャ レイヤーは、リモート Web サービスと他のアプリケーションを接続するアプリケーション固有のインターフェイスも定義します。 さらに、インフラストラクチャ層には、HttpContext クラスや WebClient クラスなど、デフォルトですべてのアプリケーションで使用できるクラスが含まれています。

インフラストラクチャ層は、プレゼンテーション層とデータ アクセス層に依存します。 これらの層は、両方の層で使用される共通の機能セットを共有し、各層の定義済みインターフェースを通じて公開されます。

プレゼンテーション層

プレゼンテーション層は、ユーザーにデータを表示するため、ASP.NET Web サイトで最も目立つ部分です。 ASP.NET MVC では、このレイヤーは Razor または HTML ヘルパーを使用して実装されます。 プレゼンテーション層は、ASP.NET コントロール、Razor やハンドルバーなどのテンプレート エンジン、および MVC コントローラーを使用して HTML ドキュメントを作成します。 データベースに保存されているデータとやり取りし、サーバーへの要求間でデータを永続化するビジネス ロジック コードを見つける場所です。 プレゼンテーション層は、アプリケーションの構造、コンテンツ、および外観を定義する層です。

また、ユーザー インターフェイス (UI) レイヤーからの要求に応答し、基になるビジネス ロジックへのアクセスを提供します。 MVC パターンは、アプリケーションの構造とコードの間の懸念事項を分離できるため、Web 開発で非常に成功しています。 また、コードのテストが容易になり、アプリケーションのメンテナンスが容易になります。 複数のページでコードを簡単に再利用し、各ページを個別にテストすることなく高いテスト容易性レベルを維持できます。

ユーザー インターフェイス層

ユーザー インターフェイス層は、フロントエンド アプリケーションとデータベース間のインターフェイスを提供します。 これは、ASP.NET Web API や .NET Framework Data Provider for SQL Server や Entity Framework などの非ビジュアル言語、または ASP.NET MVC や Extensible Application Markup Language (XAML) などのビジュアル フレームワークを使用して行うことができます。 一方、ユーザー インターフェイス (UI) レイヤーは、アプリケーションがユーザーに対してどのように見え、どのように感じられるかを定義する役割を果たします。 これには、色、フォント、コントロールのレイアウト (ボタンやテキスト ボックスなど)、ビューまたはデータ グリッドでのデータの表示方法が含まれます。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *