Fedora 38 がついに形になりました • The Register

今週の Fedora プロジェクト ミーティングは、4 月に予定されている次のリリースである Fedora 38 の形を整え始めています。

今月初めに 2 つの非常に目に見える変更が決定されました。 2 つの追加のデスクトップ環境 (ここでは「デスクトップ」という言葉をやや大まかに使用しています) は、このバージョンで独自の新しいスピンを取得します。 これらの 1 つが新しい Fedora Budgie で、これには、Solus ディストリビューションで最初に見られる Budgie デスクトップ環境が含まれます。

ここにはちょっとした興味深い歴史があります。 Solus が最初にレーダーに登録されたのは 2015 年頃で、 違う コンソートと呼ばれる新しいデスクトップ環境。

Consort は GNOME 3.4 の既存の Fallback デスクトップ モードのフォークであり、現在も使用されていますが、後に Flashback に名前が変更されました。 Flashback は GNOME 3 の代替シェルで、画面の上部と下部に 2 つのパネルがあり、GNOME 2 と非常によく似たルック アンド フィールを提供します。

奇妙なことに、これは GNOME 拡張機能として実装された GNOME クラシックとは別のものであり、… まあ、ほとんど同じです。 Solus は Consort を放棄し、代わりに独自の新しいデスクトップ Budgie を開発し、現在は Fedora に移行しています。 セキセイインコをどこにでも密輸している人に言及することを避けようとしているので、それはサークルオブライフか何かだとだけ言っておきましょう.

昨年の Ubuntu リミックス ラウンドアップで Budgie を簡単に紹介しましたが、革新的な新技術を提供しているとは思えませんが、確かに輝いています。

現在の Budgie バージョン 10 はいくつかの GNOME テクノロジーに基づいていますが、将来の Budgie 11 では代わりに Enlightenment のテクノロジーを使用するように切り替える予定です。 GNOME 42 のテーマ エンジンと Linux Mint の Bluetooth サポートの問題に関連して説明したように、Budgie チームは、GNOME プロジェクトでの作業で最初に問題に遭遇したわけではありません。

バージョン 38 のもう 1 つの新しい Fedora Spin は、Sway タイリング ウィンドウ マネージャーに基づいています。 Sway は厳密にはデスクトップ環境そのものではありません。 これは、画面上のウィンドウの配置を自動化する方法です。

一般化するリスクがありますが、タイリング ウィンドウ マネージャーを好むユーザーは、キーボード操作が非常に多く、ほとんどの時間をターミナル ウィンドウ内で過ごす傾向があります。 彼らはしばしば、デスクトップのアイコンやドックなどを重要でない装飾品とみなします。 Sway は、ある意味では、X.org の古い i3 タイリング ウィンドウ マネージャーの Wayland バージョンです。

Fedora 38 のその他の目に見える変更のいくつかは、より日常的であり、期待されています。 たとえば、Fedora Xfce スピンがあり、Fedora 38 には新しい Xfce 4.18 デスクトップが含まれます。 Xfce は非常に成熟しており、非常に動きが遅く、プロジェクトが新しいリリースを頻繁に出すわけではないため、Xfce を含めることで問題が発生することはありません。 これはすでに Endeavor OS 22.12 と新しい SystemRescue 9.06 の一部です。

インストール プログラムは、メンテナンスされていない dmraid カーネルのインテグラルに「ソフト RAID」アレイにアクセスするためのツール mdraid 代わりは。 ソフト、または「ファームウェア RAID」は、残念ながら死ぬことのない技術です。特別なドライバーとシステム ファームウェアを使用して、OS に関して複数の個別のハードディスクを 1 つに見えるようにします。 これは主に Windows を対象としており、他の OS で長い間問題を引き起こしてきました。

また、Unified Kernel Images の予備サポートも予定されています。 昨年 10 月に、この技術について詳しく説明しました。 これは、元 Red Hatter と現在は Microsoftie Lennart Poettering、またはこれらの部分で知られている「Agent P」による最新のイニシアチブです。 少なくとも初期の段階では、これにより修正されるよりもはるかに多くの問題が発生する可能性があると思われますが、時間が経てばわかります.

最近、X.org の開発者は、LWN が説明しているように、バイトスワッピングを使用するサーバーをブロックすることを決定しました。 この変更は Fedora 38 にも受け入れられており、おそらく他のほとんどの Linux ディストリビューションにもやがて伝播するでしょう。 Wayland の採用がまだゆっくりと増加しているにもかかわらず、事実上すべての人がまだ X11 をサポートしています。

開発者を除いてあまり目立たないが、Fedora 38 は Pyramid Python ベースの Web フレームワークもバージョン 2 に上げ、PHP Web 開発言語をバージョン 8.2 に更新する。 その他のプログラミング言語の更新には、Go 1.20、Ruby 3.2、LLVM 16、GNU Make 4.4 が含まれる必要があります。 自分で準備したい人のための完全なリストがあります。

おそらくこのバージョンには含まれないものもありますが、Fedora 39 には含まれているはずです。Solus が新しくなったときに YUM に取って代わった DNF パッケージ管理コマンドは、まもなく新しいバージョンの DNF5 を取得する予定ですが、それはもしそうなら、Fedora 39まで延期されます。 GNOME 44 も、Fedora 38 の直前にのみリリースされる予定であり、この主要な新しいバージョンを統合、テスト、および含めるには遅すぎると思われます。

Fedora と Ubuntu はほぼ同じ歴史を持ち、同様のリリース頻度を共有しています。どちらも約 6 か月ごとに新しいバージョンをリリースしています。 ただし、Fedora のスケジュールはより柔軟で、約 19 年間で、1 回だけリリースされた年もあれば、3 回リリースされた年もあります。 次のバージョンがずれる可能性はありますが、いずれ登場するでしょう。 ®

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *