Linux で Git を使い始める方法

insta_photos/Shutterstock

Git は、市場で最も広く使用されているバージョン管理システムです。 それは巨大で、世界中の開発者によって使用されています。

また、バージョン管理システムとしてだけでなく、リポジトリをデスクトップまたはサーバーに複製する手段としても使用されるため、そのリポジトリにあるアプリケーションをインストールできます。

Linux を使用する最初のステップ (または開発者として) では、Git について知る必要はないかもしれませんが、ある時点で知る必要があります。 コードだけでなく、ドキュメントやその他の種類のファイルにも Git と GitHub を使用できることがわかりました。 これらの最初のステップについて説明します。

また: C++ プログラミング言語と安全性: 次はここから

要件

Ubuntu ベースの Pop!_OS Linux での Git のデモを行います。 その特定のディストリビューションを使用する必要はありませんが、Ubuntu または Debian に基づいていないバージョンの Linux を使用している場合は、インストール コマンドを次のように変更する必要があります。 アパート ディストリビューション用に選択したパッケージ マネージャー ( dnf RHEL ベースのディストリビューションの場合)。 sudo 権限を持つユーザーも必要です。

それでおしまい。 Git で最初の一歩を踏み出しましょう。

Linux で Git を使い始める方法

Git をインストールする

クリックしてデスクトップ メニューを開き、ターミナル アプリケーションを検索します。 見つけたら、起動します。

ターミナル ウィンドウから、次のコマンドを使用して Git をインストールします (必要なパッケージをダウンロードして、1 つの手順でインストールします)。

ローカル リポジトリを作成する

Git をインストールしたら、ローカル リポジトリを作成する必要があります。 そのためには、リポジトリを格納するフォルダーを作成する必要があります。 これには、次のコマンドを発行します。

コマンドで新しいディレクトリに移動します cd ~/myproject. リポジトリを初期化するには、次のコマンドを実行します。

最初のリポジトリを初期化する手順はこれですべてです。

リポジトリへのファイルの追加

プロジェクト ディレクトリから、次のコマンドを使用して README テキスト ファイルを作成します。

このファイルには、他の開発者やユーザーに提供したい情報を追加できます。 完了したら、Ctrl + X キーボード ショートカットを使用してファイルを保存します。

ファイルをリポジトリに追加すると、Git は自動的にファイルを認識しますが、それに対して何もできません。 Git がファイルを使用できるようにするには、コミットと呼ばれるものを追加する必要があります。 コミットは、ソース コードに加えられた最新の変更をリポジトリに送信する操作です。 つまり、コミットを行わないと、Git は変更を認識しません。 この場合、Git は、新しく追加されたファイルに情報が含まれていることを認識しません。

認識させるために、 git追加 次のようなコマンド:

リポジトリに複数のファイルを作成した場合は、次のコマンドでそれらを一度に追加できます。

次のコマンドでリポジトリのステータスを確認できます。

上記のコマンドの出力は次のようになります。

Changes to be committed:
  (use "git restore --staged ..." to unstage)
modified:   README.txt

ここで、コミットする必要がある変更があります。

次のステップは、新しく追加された README.txt ファイルのコミットを作成することです。 コミットを作成するときは、プロジェクトで作業している他の人が何が行われたかを知ることができるように、それに情報を追加します。 たとえば、README.txt ファイルを追加したばかりなので、まさにそのことを示すコミットを作成します。 git commit は次のようになります。

git commit -m "Added README.txt"

上記のコマンドの出力は次のようになります。

[master f2dd2d8] Added README.txt
 1 file changed, 2 insertions(+), 1 deletion(-)

を発行すると、 git ステータス コマンドを実行すると、次のような出力が表示されます。

On branch master
Your branch is ahead of 'origin/master' by 1 commit.
  (use "git push" to publish your local commits)
nothing to commit, working tree clean

コミットをプッシュする

プロセスの次のステップでは、GitHub アカウントが必要です。 また、アクセス トークンを作成しておく必要があります。これは、GitHub 設定 > 開発者設定 > 個人用アクセス トークンで行います。 パーソナル アクセス トークンを作成したら、必ずコピーしてください。再生成しないと再度表示することはできません。

これらの変更を最終的に利用可能にするために、次のコマンドでそれらをプッシュします。

GitHub のユーザー名とパスワード (作成したばかりの個人用アクセス トークン) を求められます。 GitHub アカウントの認証に成功すると、次のような出力が表示されます。

Enumerating objects: 10, done.
Counting objects: 100% (10/10), done.
Delta compression using up to 16 threads
Compressing objects: 100% (6/6), done.
Writing objects: 100% (6/6), 770 bytes | 770.00 KiB/s, done.
Total 6 (delta 1), reused 0 (delta 0), pack-reused 0
remote: Resolving deltas: 100% (1/1), completed with 1 local object.
To https://github.com/USERNAME/newproject.git
   6fab6c3..c024f0d  master -> master

USERNAME は GitHub ユーザー名です。

また、GitHub アカウントにログインすると、ローカル リポジトリ内のすべてのファイルを含む新しいリポジトリが作成されていることがわかります。 この時点で、新しいファイルを追加したり、Web ブラウザーで GitHub から既存のファイルを編集したりできます。 その場合、次のコマンドを使用して、これらの変更をローカル リポジトリにプルダウンできます。

GitHub リポジトリに追加したファイルはすべてプルダウンされ、ローカル リポジトリで編集できるようになります。

これが基本的な Git ワークフローの要点です。 最初は少し面倒に思えるかもしれませんが、コツをつかめば、思ったよりもはるかに簡単であることがわかります。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *