PHP 8 の機能は、それが Web だけにとどまらないことを証明しています

PHP は、多くの開発者が Web 開発に依存している、広く認識されているプログラミング言語です。 PHP は、最初のリリース以来、PHP 8 のリリースなど、プログラミング プロセスを合理化するように設計された追加機能を使用して、バージョンの変更とアップグレードを通じて進化してきました。

この記事では、PHP の基本のいくつかと、言語がどのように動作するかを確認します。 次に、PHP 8 のいくつかの優れた機能と統合、およびこのバージョンが Web 開発を超えて移行することに関心のある開発者に提供する機会について説明します。 最後に、WebAssembly などの言語によって、PHP などのサーバー側 Web 言語が提供する開発機能に新しいレベルの洗練を追加する必要性がどのように加速しているかを簡単に見ていきます。

PHPプログラミングの基礎

1995 年の PHP の登場により、Web ページの開発とデザインの可能性に新たな世界が開かれ、前例のないレベルのスケーラビリティ、セキュリティ、およびカスタマイズが可能になりました。 今日に至るまで、PHP は開発者に、サーバーサイド スクリプト、コマンドライン スクリプト、およびデスクトップ アプリケーションのビルドを実行するための汎用性の高いステージング環境を提供しています。

PHP は、動的コンテンツ管理、リモート データベース統合、ユーザー セッション トラッキングなど、ほとんどが Web 中心の幅広いアプリケーション機能のバックボーンを提供します。 プログラマーは、PHP を使用してサーバーまたはデータベースから要素を直接要求し、Web ユーザーがそのコンテンツに簡単にアクセスできるようにすることもできます。

PHP でのアプリケーションのビルドは、通常、次の 4 段階の実行プロセスに従います。

  1. トークンはレクサー構成を使用して構築および定義され、インタープリターがスクリプトを解析します。
  2. これらのトークンを使用して、パーサー関数は、 抽象構文木 (AST) は、ソース コード内の構文を分析し、プログラムの構造モデルを作成します。
  3. コンパイラは AST を、PHP 独自の Zend Engine スクリプト環境にあるコンポーネントである Zend Virtual Machine (Zend VM) によって実行されるコンパイルおよび実行アクションを指示するコードに変換します。
  4. Zend VM はオペコードを処理し、アプリケーション内で操作を実行します。

PHP 開発者は、反転制御手法を使用して PHP ライブラリから特定の関数を呼び出すオプションもあります。 たとえば、Laravel フレームワークは、モデル ビュー コントローラー デザイン パターンを採用し、Web アプリケーションを構築するための機能満載のプラットフォームを提供します。 もう 1 つのライブラリの例は Symfony フレームワークです。これは、モジュラー開発の加速に役立つ一連の再利用可能なコンポーネントを提供します。

PHP 8 の優れた機能

PHP 7 ではパフォーマンスとセキュリティが強化されましたが、PHP 8 は大幅な新機能を備えたメジャー リリースです。 これらの機能には、ジャスト イン タイム (JIT) コンパイラ、名前付き引数メソッド、静的な戻り値の型、継承、および OPcache 拡張機能が含まれます。

JIT の追加により、PHP 8 は以前のバージョンよりも特に魅力的な利点を備えています。 JIT は、スクリプトを実行前にマシン コードにコンパイルして、パフォーマンスとメモリ使用量を節約します。 これにより、ハイコンピューティング環境での PHP の機能が向上し、IoT の展開から機械学習モデルまで、単なる Web 開発を超えて PHP を使用する可能性が広がります。

たとえば、バイトコードに共有メモリ ストレージを使用すると、PHP の 4 段階の実行プロセスを 1 回実行するだけで済みます。 一方、そのバイトコードは Zend VM ですぐに実行できます。 また、JIT コンパイラと OPcache 拡張機能を組み合わせることで、リクエストごとにスクリプトを読み込んで解析する必要がなくなります。

最後に、名前付き引数は、より複雑な開発のサポートを追加することを目的とした PHP 8 のもう 1 つの機能です。 名前付き引数は、引数が順序に依存しない方法で動作できるようにするメソッドです。 引数は、ワークフロー内の位置ではなく、ID に基づいて関数に渡されるため、より洗練されたレベルの非同期動作が可能になります。

WebAssembly との競合

WebAssembly (Wasm) は、主に Web アプリケーションで実行するための言語ベースのツールとして機能し、テキスト アセンブリ言語と、ホスト システムとの対話に必要なインターフェイスを提供します。 Wasm のコードはコンパイラにとってアクセス可能な多言語ターゲットとして機能するため、プログラマーは好みの言語を Wasm に変換し、ブラウザーで新しいコードを実行できます。

Wasm の主な機能は、言語、フレームワーク、およびツールの選択に関して開発者に柔軟性を提供することです。 1 つのブラウザーで実行されるものがすべてのブラウザーで機能することが保証されるため、開発者は、API サポートの責任など、より要求の厳しいタスクに注意を向けることもできます。 さらに、開発者は既存の JavaScript ソースとライブラリを再利用できるだけでなく、他のさまざまな言語を使用してモジュラー開発を開始し、独立したアプリケーション コンポーネントを構築できます。

これらの利点により、Wasm は、Web プログラミング アプローチの分野でいくらかディスラプターになっています。 JavaScript や PHP などのサーバー側言語は、スキルの向上を目指す急成長中の Web 開発者が選択する言語であることが多いため、十分に定着しています。 これがすぐに変わる可能性は低いですが、PHP の新しいバージョンは、Wasm のような言語によって導入された競争力のある機能に後れを取らないようにする必要があります。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *