Red Hat Enterprise Linux の最新バージョンが登場

データセンターからパブリック クラウド、エッジに至るまで、Red Hat Enterprise Linux 9.1 および 8.7 は、ハイブリッド クラウド イノベーションの基盤として、柔軟性、信頼性、安定性をさらに高めます。

エンタープライズ Linux プラットフォームの最新バージョンである Red Hat Enterprise Linux 9.1 は、オープン ソース ソリューションの開発者である Red Hat, Inc. によって発表されました。 これらのマイナー アップデートは、最近発表された Red Hat Enterprise Linux 8.7 とともに、複雑なインフラストラクチャ設定の合理化からコンテナー化されたアプリのセキュリティ体制の強化まで、さまざまなエンタープライズ IT 要件に対応する機能を追加および改善します。

ITインフラのセキュリティを損なわないオープンイノベーション

IT システムのセキュリティは、状況に関係なく、ほぼすべての組織にとって永続的な懸念事項です。 Red Hat Enterprise Linux 9.1 および 8.7 では、組織固有のシステム セキュリティ要件を満たすように事前設定されたオペレーティング システム イメージにより、これらの要件が最優先されます。 Image Builder を使用して Red Hat Enterprise Linux デプロイメントを拡張する場合、IT チームは OpenSCAP セキュリティ プロファイルを指定して、IT セキュリティおよびコンプライアンス要件を満たすオペレーティング システム イメージをインストールからすぐに配信できます。 これは、Image Builder ブループリント ファイルでセキュリティ コンプライアンス プロファイルを有効にすることによって行われます。

Red Hat Enterprise Linux の最新リリースでは、マルチレベル セキュリティ (MLS) 機能が拡張され、組織やその他の機密性の高い操作がより効果的に分類要件を文書化し、制御できるようになります。 潜在的な脅威ベクトルを効果的に制限するために、管理者は新しい認証テクノロジを活用して、オペレーティング システムが認定された変更されていないコンポーネントで起動していることを確認することもできます。

Red Hat Enterprise Linux システムに既知の脆弱性や悪意のあるコードがないかチェックするために、Red Hat Insights にマルウェア検出機能が追加されました。 さらに、テクニカル プレビューとして、Sigstore テクノロジが Red Hat Enterprise Linux のネイティブ コンテナ ツールに実装されました。 ユーザーがローカル キーを使用してコード署名に署名し、検証できるようにすることで、ハイブリッド環境のソフトウェア セキュリティ体制が改善されます。

クラウドからエッジまで、ボード全体の柔軟性

IT 部門は、特にビジネス要件の変化に応じて、ハイブリッド クラウド方式で必要とされる場所と方法でワークロードを運用できる必要があります。 Red Hat Enterprise Linux のバージョン 9.1 および 8.7 は、次のような機能により、ハイブリッド クラウド スケールでのイノベーションの管理をより簡単にします。

  • ハイブリッド クラウド全体に Red Hat Enterprise Linux をデプロイする場合、更新された Red Hat Enterprise Linux システム ロールにより、手動操作の自動化と標準化がより簡単になりました。 基盤となるハードウェアをより適切に管理するために、新しい改善には、Ansible および Redfish による自動化のサポートと、他のほとんどすべてのジョブの多数の生活の質の調整が含まれます。
  • Red Hat Enterprise Linux 9.1 には、PHP プログラミング言語の大幅な改善である PHP 8.1 が、認定、検証、およびサポートされているアプリケーション ストリームとして含まれています。 最新のツールを使用し、プラットフォームの安定性を損なうリスクがないため、企業の開発者は重要なアプリケーションをデプロイできるようになりました。

信頼性と安定性が向上したハイブリッド クラウドのイノベーション

エンタープライズ IT 環境の信頼性と安定性を強化することは、CIO にとって重要です。これらの環境は、絶えず変化する範囲のサービス、ハードウェア、および手順で構成されているからです。 Red Hat Enterprise Linux 9.1 および 8.7 では、IT 組織がハイブリッド クラウド コンピューティングに必要な安定性と信頼性を実現できるように、次の新機能が追加されています。

  • Convert2RHEL および Leapp のインプレース アップグレードは、Extended Update Support (EUS) リリースのサポートを提供します。これにより、運用チームは計画を立て、最終的に最新の Red Hat Enterprise Linux バージョンに反復可能で一貫性のある標準化された方法で移行することが容易になります。ハイブリッド クラウドのどこにいても構いません。
  • Red Hat Enterprise Linux の Web コンソールは、コンテナー化されたアプリケーションのパフォーマンス診断を提供し、ユーザーがハードウェアのボトルネックを特定し、どのプロセスまたはアプリがコンテナー内に含まれている場合でも、どのプロセスまたはアプリが最も多くのリソースを使用しているかを特定するのに役立ちます。
  • IT チームは、UBI を含むコンテナーをイメージ ビルダー ブループリントに埋め込むことがサポートされているため、関連するコンテナー レジストリから取得したコンテナー イメージを組み込んだオペレーティング システム イメージを生成できます。 これにより、コンテナー化されたプログラムまたはプロセスを、イメージの開始時にすぐに使用できるようになります。

Red Hat Insights は、エンタープライズ Linux における Red Hat の広範なドメイン専門知識に基づいて構築された予測分析サービスであり、Red Hat Enterprise Linux の最新バージョンで引き続きアクセスできます。 Red Hat Enterprise Linux 9.1 および 8.7 のユーザーは、エッジ コンピューティング デバイスのプロアクティブな提案、パブリック クラウド インスタンスの自動登録、改善されたサブスクリプション トラッキングなど、新しいインサイト機能にアクセスできるようになりました。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *