RISC-V 向けの最新の IAR Embedded Workbench が Andes の CoDense™ を活用

RISC-V v3.11 用の IAR Embedded Workbench と AndeStar™ V5 RISC-V プロセッサの Andes CoDense™ 拡張により、組み込み開発者はコード サイズを縮小し、アプリケーションのパフォーマンスを向上させることができます。

スウェーデン・ウプサラ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 組み込み開発向けソフトウェアとサービスの世界的リーダーであるIAR Systems®は、CoDense™拡張用のRISC-V向けIAR Embedded Workbenchの最新リリースを完全にサポートすると発表しました。 Andes Technology の AndeStar™ V5 RISC-V プロセッサ。 CoDense™ は、プロセッサの ISA (命令セット アーキテクチャ) の特許取得済みの拡張機能であり、IAR のツールチェーンがコンパクトなコードを生成するのに役立ちます。以前にサポートされていた AndeStar™ V5 DSP/SIMD およびパフォーマンス拡張機能が、より高度なアプリケーションの提供を支援する一方で、ターゲット プロセッサのフラッシュ メモリを節約します。パフォーマンス。 IAR Systems はすでに AndesCore™ RISC-V CPU IP を早い段階でサポートしており、強力な IAR C/C++ Compiler™ と包括的なデバッガーを含む完全な開発ツールチェーンをお客様に提供しています。編集。

Andes は RISC-V International の創設プレミア メンバーであり、高性能/低電力 32/64 ビット組み込みプロセッサ IP ソリューションの大手サプライヤーです。 安全アプリケーション向けの堅牢な設計手法を備えた Andes と IAR Systems の共同ソリューションは、顧客が認証プロセスを含む開発を加速し、製品の市場投入までの時間を短縮するのに役立ちます。 AndeStar™ V5 の CoDense™ は、拡張可能な RISC-V 標準命令に加えてコード サイズを圧縮するための Andes 拡張機能です。 この拡張機能は、AndeStar™ V3 プロセッサを搭載した 100 億を超える SoC ですでに実証されています。 CoDense™ のサポートに加えて、RISC-V 用 IAR Embedded Workbench の最新バージョン 3.11 には、「P」拡張機能 0.9.11 サポート (Packed-SIMD 命令の標準拡張機能) と強化された SMP (Symmetric Multi-Processing) が付属しています。 AMP (非対称マルチプロセッシング) マルチコア デバッグ。 開発者は、Visual Studio Code 用の新しい IAR Build および IAR C-SPY Debug 拡張も高く評価するため、Visual Studio Code エディタ内でコードをビルドおよびデバッグするための IAR Systems の強力なツールを利用できます。

実績のある IAR Embedded Workbench は、クラス最高のコード サイズ最適化により、RISC-V 開発者の間で人気が高まっています。これにより、企業はより小さなデバイスを使用したり、既存のプラットフォームにさらに多くの機能を追加したりできます。 コードは、ツールチェーンの高度な最適化テクノロジを使用して生成され、EEMBC Certification Lab の CoreMark テストでその高速なコードと業界をリードするパフォーマンスを確認しています。 含まれている C-SPY Debugger により、開発者は複雑なブレークポイント、プロファイリング、コード カバレッジ、割り込みを含むタイムライン、および電力ログを使用して、アプリケーションをリアルタイムで完全に制御できます。 完全に統合されたコード分析ツールにより、MISRA C (2004 および 2012) などの特定の標準や、Common Weakness Enumeration (CWE) や CERT C Secure Coding Standard などのベスト プログラミング プラクティスへの準拠が保証されます。 RISC-V 用 IAR Embedded Workbench には、機能安全開発自体が認定されており、自動車や産業用アプリケーションなど、10 の異なる規格の安全レポートと安全ガイドが付属しています。

Andes Technology の社長兼 CTO である Dr. Charlie Su は次のように述べています。 「CoDense™ はコード密度を 2 桁も大幅に増加させ、MCU または IoT アプリケーションに非常に歓迎されます。 IAR Embedded Workbench と AndeStar™ V5 RISC-V 拡張機能の競争力のある組み合わせにより、RISC-V コミュニティが最大 30% 高いパフォーマンスを利用できるようになることを楽しみにしています。」

「Andes との緊密な協力のおかげで、AndeStar™ V5 DSP/SIMD および Performance 拡張機能の初期サポートを提供し、現在は Andes CoDense™ を完全にサポートしており、RISC-V C 拡張機能に加えてコード サイズの圧縮を可能にしています」と Anders 氏は述べています。 IAR Systems の CTO である Holmberg 氏は次のように述べています。 「コード サイズとパフォーマンスのバランスは、製品またはプロジェクトからの総投資収益率に大きな違いをもたらします。 CoDense™ のサポートにより、ユーザーはこのバランスを自分の好みに傾けることができます。」

RISC-V 用の IAR Embedded Workbench、ツール スイートの機能安全認定版、および IAR Systems の RISC-V 向け製品全体の詳細については、https://www.iar.com/riscv をご覧ください。

編集者注: IAR Systems、IAR Embedded Workbench、Embedded Trust、C-Trust、C-SPY、C-RUN、C-STAT、IAR Visual State、I-jet、I-jet Trace、IAR Academy、IAR、および IAR Systems のロゴタイプは、IAR Systems AB が所有する商標または登録商標です。 その他すべての製品名は、それぞれの所有者の商標です。

IARシステムズについて

IAR Systems は、組み込み開発と組み込みセキュリティにおける開発者の生産性を向上させる世界をリードするソフトウェアとサービスを提供し、世界中の企業が今日の製品と明日のイノベーションを作成して保護できるようにします。 1983 年以来、IAR Systems は 500 万行以上のコードを作成してきました。 そのうちの 300 万以上が、IAR Embedded Workbench for Arm および RISC-V ソリューションに含まれています。 IAR Systems のツールは、世界中の 200 を超える半導体パートナーの 14,000 を超えるデバイスをサポートし、Forbes 2000 企業、中小企業、新興企業が混在する約 100,000 人の開発者にサービスを提供しています。 IAR Systems はスウェーデンのウプサラに本社を置き、APAC、EMEA、および北米に分散した 14 のオフィスに 220 人を超える従業員を擁しています。 IAR Systems は IAR Systems Group AB が所有しており、NASDAQ OMX Stockholm, Mid Cap (ティッカー シンボル: IAR B) に上場しています。 詳細については、www.iar.com をご覧ください。

連絡先

IARシステムズの連絡先
Rafael Taubinger、シニア プロダクト マーケティング マネージャー、IAR Systems

電話: +46 18 16 78 00 電子メール: rafael.taubinger@iar.com

Copyright © acrofan/Business Wire 無断複写・転載を禁じます

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *