発達

AWS がコーディングアシスタント CodeWhisperer を Lambda コンソールに追加

AWS は最近、AWS Lambda コンソールでの Amazon CodeWhisperer のプレビューを発表しました。 コード エディターのネイティブ コード提案機能として利用できるコーディング アシスタントの新機能により、Lambda 関数の定義中にコードの提案を行うことができます。 現在 Python、Java、および JavaScript をサポートしている CodeWhisperer は、機械学習を利用したコード ジェネレーターであり、リアルタイムでコードの推奨事項を提供し、6 月にプレビューで開始されました。 Lambda コンソールでアクティブ化すると、既存の関数とコメントに基づいて提案が生成されます。 AWS のシニア ソリューション アーキテクトである Mark Richman は、次のように説明しています。 コンソールで AWS Lambda 関数を記述すると、CodeWhisperer はコードとコメントを分析し、指定されたタスクに最適なクラウド サービスとパブリック ライブラリを判断し、ソース コード エディターで直接コード スニペットを推奨します。 CodeWhisperer が提供するコードの推奨事項は、Amazon やオープン ソース コードなど、さまざまなデータ ソースでトレーニングされた ML モデルに基づいています。 ソース: https://aws.amazon.com/blogs/compute/introducing-amazon-codewhisperer-in-the-aws-lambda-console-in-preview IDE ツールキット拡張機能 (JetBrains、Visual Studio Code、および AWS …

AWS がコーディングアシスタント CodeWhisperer を Lambda コンソールに追加 Read More »

AWS Lambda が Node.js 18 ランタイムをサポートするようになりました

最近 AWS は、Node.js バージョン 18 が Function as a Service (FaaS) AWS Lambda をサポートし、アクティブな LTS ステータス (一般的な使用の準備ができている) であることを発表しました。 開発者は、Node.js 18 の新しい言語機能 (クラス フィールドとプライベート クラス メソッドのパフォーマンスの向上、JSON インポート アサーション、および Fetch API、Test Runner モジュール、Web Streams API などの実験的機能など) を使用して AWS Lambda 関数を作成できるようになりました。 Node.js 18 では、グローバル fetch API がデフォルトで利用可能です。実験的な機能の 1 つに fetch 関数が含まれており、fetch ポリフィルとサードパーティの HTTP パッケージが冗長になります。 // index.mjs  export const …

AWS Lambda が Node.js 18 ランタイムをサポートするようになりました Read More »

パブリック プレビューの Azure Functions の Azure SQL トリガー

Azure は最近、イベント ドリブン アプリケーションを構築する Azure Functions の Azure SQL トリガーのパブリック プレビューを発表しました。 新しい機能は現在、C# 関数でのみ使用でき、Azure SQL テーブルへの変更によってトリガーできます。 Azure SQL トリガーは、SQL 変更追跡機能を使用してテーブルの変更を監視し、行が作成、更新、または削除されたときに Azure 関数をトリガーします。 Microsoft のシニア プログラム マネージャーである Drew Skwiers-Koballa は、次のように書いています。 Azure SQL Database、Azure SQL Managed Instance、および SQL Server で変更の追跡を利用できるため、Azure Functions の Azure SQL トリガーは、イベント ドリブン アプリケーションの柔軟なコンポーネントになります。 C# ライブラリは、SqlTrigger 属性を使用して関数で SQL トリガーを宣言し、マネージド ID などの認証オプションをサポートします。 テーブル名 (テーブル名) と接続文字列 (接続文字列設定) …

パブリック プレビューの Azure Functions の Azure SQL トリガー Read More »

Fermyon は WebAssembly クラウドを構築して、サーバーレス マイクロサービスをコンテナーを超えてプッシュします

KubeCon/CloudNativeCon 2022 で、Fermyon は Fermyon Cloud と呼ばれる WebAssembly アプリ用のマイクロサービス指向プラットフォームを発表しました。これは現在、オープン ベータ版で利用できます。 Fermyon Cloud の中心にあるのは、WebAssembly がサーバーレスの約束を実現する可能性を秘めており、コンテナーと仮想マシンによってもたらされる制限を克服するというビジョンです。 Fermyon の CEO である Matt Butcher は、起動時間とプラットフォーム間での移植性という 2 つの点で、WebAssembly が VM やコンテナーよりも優れていると主張しています。 すべてのマイクロサービスは理想的にはステートレスであり、ステートフル サービスを使用して情報を保存する必要があります。 これらの機能により、できるだけ早く開始および停止できるはずです。 仮想マシンの起動に数分、コンテナの起動に数秒または数十秒かかる代わりに、アプリケーションを即座に起動し、トラフィックを処理しなくなったときに即座にシャットダウンできることを想像してみてください。 それが私たちが WebAssembly で追求したモデルです。 Butcher によると、アプリの最初の命令を 1 ミリ秒未満、場合によってはマイクロ秒レベルで実行できます。 これにより、CPU やメモリを浪費することなく、リクエストがピークに達し、トラフィックがゼロになったときに高速にスケールアップするアプリケーションを簡単に構築できます。 反対に、コンテナまたは VM を使用する場合、コールド ブートの通常のアプローチは、リクエストが処理された後、新しいリクエストがすぐに入ってきた場合に備えて、しばらくの間インスタンスをアイドル状態で実行することです。 WebAssembly のもう 1 つの大きな利点は、実行可能なレベルに至るまで、アーキテクチャ間での移植性です。 私の興味は、同じコンパイル済みアーティファクト、同じコンパイル済みバイトを取り、それらをオペレーティング システムと CPU アーキテクチャ間で実行できることでした。 これは、コンテナ イメージがあり、アーキテクチャ、CPU アーキテクチャ、およびオペレーティング システムにバインドされたコンテナの世界から最初にもたらされたものでした。同じアプリケーションが複数の環境で実行されます。 …

Fermyon は WebAssembly クラウドを構築して、サーバーレス マイクロサービスをコンテナーを超えてプッシュします Read More »

Spring Framework 6、JCP Election、Project Valhalla、OpenJDK の更新

2022 年 11 月 14 日の今週の Java ラウンドアップでは、OpenJDK、JDK 20、Project Valhalla、JavaFX 20、JCP 選挙結果、Spring Framework 6.0、Spring Data 2022.0、Spring Cloud Dataflow 2.10-RC2、Spring Modulith 0.1-RC1、Quarkus 2.14 からのニュースを取り上げます。 .1 および 3.0.Alpha1、Micronaut 3.7.4、Piranha 22.11.0、Eclipse Vert.x 4.3.5、Apache Tomcat 10.1.2 および 9.0.69、Apache Beam 2.43.0 および PrimeFaces 12.0.2。 OpenJDK JEP 434、Foreign Function & Memory API (Second Preview) は、 候補者 に ターゲットに提案 JDK 20 のステータス。この …

Spring Framework 6、JCP Election、Project Valhalla、OpenJDK の更新 Read More »

WildFly 27、Spring Release Candidates、JDK 20 の JEP、Project Reactor

2022 年 11 月 7 日の今週の Java ラウンドアップでは、OpenJDK、JDK 20、OpenSSL CVE、Build 20-loom+20-40、Spring Framework 6.0-RC4、Spring Boot 3.0-RC2、Spring Security 6.0-RC2、Spring Cloud 2021.0 からのニュースを特集しています。 .5、WildFly 27、WildFly Bootable JAR 8.1、Quarkus 2.14.0 および 2.13.4、Project Reactor 2022.0、Micrometer Metrics 1.10 および Tracing 1.0、JHipster Lite 0.22.0、および Camel Quarkus 2.14 および 2.13.1。 OpenJDK JEP 432, Record Patterns (Second Preview) は、 候補者 に ターゲットに提案 JDK 20 …

WildFly 27、Spring Release Candidates、JDK 20 の JEP、Project Reactor Read More »

WildFly 27、Spring Release Candidates、JDK 20 の JEP、Project Reactor

2022 年 11 月 7 日の今週の Java ラウンドアップでは、OpenJDK、JDK 20、OpenSSL CVE、Build 20-loom+20-40、Spring Framework 6.0-RC4、Spring Boot 3.0-RC2、Spring Security 6.0-RC2、Spring Cloud 2021.0 からのニュースを特集しています。 .5、WildFly 27、WildFly Bootable JAR 8.1、Quarkus 2.14.0 および 2.13.4、Project Reactor 2022.0、Micrometer Metrics 1.10 および Tracing 1.0、JHipster Lite 0.22.0、および Camel Quarkus 2.14 および 2.13.1。 OpenJDK JEP 432, Record Patterns (Second Preview) は、 候補者 に ターゲットに提案 JDK 20 …

WildFly 27、Spring Release Candidates、JDK 20 の JEP、Project Reactor Read More »