AWS

AWS がコーディングアシスタント CodeWhisperer を Lambda コンソールに追加

AWS は最近、AWS Lambda コンソールでの Amazon CodeWhisperer のプレビューを発表しました。 コード エディターのネイティブ コード提案機能として利用できるコーディング アシスタントの新機能により、Lambda 関数の定義中にコードの提案を行うことができます。 現在 Python、Java、および JavaScript をサポートしている CodeWhisperer は、機械学習を利用したコード ジェネレーターであり、リアルタイムでコードの推奨事項を提供し、6 月にプレビューで開始されました。 Lambda コンソールでアクティブ化すると、既存の関数とコメントに基づいて提案が生成されます。 AWS のシニア ソリューション アーキテクトである Mark Richman は、次のように説明しています。 コンソールで AWS Lambda 関数を記述すると、CodeWhisperer はコードとコメントを分析し、指定されたタスクに最適なクラウド サービスとパブリック ライブラリを判断し、ソース コード エディターで直接コード スニペットを推奨します。 CodeWhisperer が提供するコードの推奨事項は、Amazon やオープン ソース コードなど、さまざまなデータ ソースでトレーニングされた ML モデルに基づいています。 ソース: https://aws.amazon.com/blogs/compute/introducing-amazon-codewhisperer-in-the-aws-lambda-console-in-preview IDE ツールキット拡張機能 (JetBrains、Visual Studio Code、および AWS …

AWS がコーディングアシスタント CodeWhisperer を Lambda コンソールに追加 Read More »

AWS Lambda が Node.js 18 ランタイムをサポートするようになりました

最近 AWS は、Node.js バージョン 18 が Function as a Service (FaaS) AWS Lambda をサポートし、アクティブな LTS ステータス (一般的な使用の準備ができている) であることを発表しました。 開発者は、Node.js 18 の新しい言語機能 (クラス フィールドとプライベート クラス メソッドのパフォーマンスの向上、JSON インポート アサーション、および Fetch API、Test Runner モジュール、Web Streams API などの実験的機能など) を使用して AWS Lambda 関数を作成できるようになりました。 Node.js 18 では、グローバル fetch API がデフォルトで利用可能です。実験的な機能の 1 つに fetch 関数が含まれており、fetch ポリフィルとサードパーティの HTTP パッケージが冗長になります。 // index.mjs  export const …

AWS Lambda が Node.js 18 ランタイムをサポートするようになりました Read More »

AWS Lambda Telemetry API が強化されたオブザーバビリティ データを提供

AWS は AWS Lambda Telemetry API をリリースしました。これは、拡張機能が Lambda サービスから拡張機能のテレメトリを受信する新しい方法です。 新しい API により、Lambda 関数からのトレース、ログ、カスタムおよび拡張メトリクスの収集が簡素化されます。 いくつかの拡張機能の例に加えて、Datadog、Dynatrace、Serverless、Sumo Logic などのサードパーティからいくつかの拡張機能を利用できます。 新しい API を使用すると、拡張機能でプラットフォーム テレメトリ、関数ログ、拡張機能ログをサブスクライブできます。 プラットフォーム テレメトリには、ラムダ環境のランタイム ライフサイクル、拡張機能のライフサイクル、および関数の呼び出しに関連するイベントとエラーを説明するログ、メトリック、およびトレースが含まれます。 関数ログは Lambda 関数コードによって生成されるカスタム ログであり、拡張ログは類似していますが、Lambda 拡張機能によって生成されます。 API スキーマは、OpenTelemetry (OTel) と意味的に互換性があります。 Telemetry API からのイベントを使用して、OTel スパンを構築および報告できます。 AWS は、単一の Event オブジェクトを単一の OTel スパンにマッピングすべきではないことに注意しています。 たとえば、Telemetry API イベント start、 runtimeDone、 と runtimeReport 単一の関数呼び出しを表し、単一の OTel スパンとして表す必要があります。 新しい API のリリースに伴い、多くの …

AWS Lambda Telemetry API が強化されたオブザーバビリティ データを提供 Read More »