NVIDIA Omniverse ベータ リリースが利用可能に

NVIDIA オムニバースの最新のベータ リリースが利用可能になりました。メタバース アプリケーションの構築を検討している開発者、クリエーター、および初心者向けのコア リファレンス アプリケーションとツールが大幅に更新されており、各コア コンポーネントが更新され、アプリケーション間のコラボレーション ワークフローの速度、アクセシビリティ、および柔軟性が向上しています。 このリリースは、新しい Ada Generation GPU のサポートと NVIDIA シミュレーション テクノロジの進歩を活用しており、複数のサードパーティ アプリケーションから大規模で複雑なシーンを簡単に取り込めるようにし、リアルタイム レンダリング、パス トレーシング、および物理シミュレーションを最大限に活用することに重点を置いています。 Omniverse の中央データベースおよびコラボレーション エンジンである Nucleus は、サーバー間のライブ コラボレーションとコピーを高速化します。 Nucleus Navigator 3.2 を使用すると、オンプレミス サーバーとクラウド内のサーバー間でファイルとフォルダーをシームレスに移動できます。 また、画像、オブジェクト、およびその他のアセットをすばやく取得するための検索機能も強化されています。 さらに、Omniverse Live 2.0 を備えた OmniObjects により、Connector 間のより高速なコラボレーションが可能になります。 人気のあるアプリ用の新しいコネクタと更新されたコネクタは、Omniverse Connect から入手できます。 ライブラリにより、ユーザーはお気に入りのアプリから Omniverse プラットフォームへのコネクタを作成できます。 ベータ リリースには、PTC Creo、Autodesk Alias、Kitware ParaView、Siemens JT、および Autodesk Maya 用の新規および更新されたコネクタが含まれています。 Omniverse Simulation …

NVIDIA Omniverse ベータ リリースが利用可能に Read More »